■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 最新50

もし目が覚めたらそこがDQ世界の宿屋だったら五泊目

1 :冒険の書庫の書記代理 :2005/12/17(土) 22:49:59 ID:wtVzywQO0
ここは
「もし目が覚めた時にそこがDQ世界の宿屋だったら」
ということを想像して書き込むスレです。
小説形式、レポ形式、一言何でも歓迎です。

前スレが容量制限で書けなくなったため立てました。

前スレ
「もし目が覚めたらそこがDQ世界の宿屋だったら四泊目」(容量制限落ち)
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1128780044/

過去スレ
「もし目が覚めたらそこがDQ世界の宿屋だったら三泊目」
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1122390423
「もし目が覚めたらそこがDQ世界の宿屋だったら二泊目」
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1116324637/
「もし目が覚めたら、そこがDQ世界の宿屋だったら」
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1110832409/

まとめサイト
「もし目が覚めたら、そこがDQ世界の宿屋だったら」冒険の書庫
http://www.geocities.jp/if_dq/
※最近更新してない…書庫の中の人捜索中

201 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/14(土) 02:55:32 ID:ONeQsyKw0
面白ければなんでもいい。
もしスレ違いでも面白ければしかるべきスレに誘導されるか専用のスレが立つ。

でも「中にはそういうのがあってもいい」ってくらいで、基本は宿からスタートにして欲しい。
亜種ばっかりになるんだったらスレタイや>>1を変えた方がいい。

202 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/14(土) 06:44:57 ID:BttHa8Rf0
1日目 LV1
…ふと目覚めたら、ヤマトっぽい格好の人が寝ている。

ジパング?というか宿屋はなかったよな。
(外で戦うにも、ヒミコの幹部(?)にバレるわけにもいかないが…)

!?という事は、ジパング北の宿屋…?
というか、北朝鮮辺り?

どちらにしても外じゃ戦えないか…ハァ…
一応、タンスのひのきの棒でも、もらっておこう。


…どこか別の所で目覚めないか、期待して寝る事にする。

続。

203 :魔神戦争 ◆vNFYAR5c0g :2006/01/14(土) 10:22:46 ID:b+ZYnpzD0
足下がお留守?ヤムチャのことか!ヤムチャのことかーーーー!
俺が地面に倒れ込みながら思いにふけっていると、ウルフが声をかけてきた
「言わしてもらうけど、今のは自殺行為だ」
何のことだ?俺は女には手を出さない主義なんだ、だから優しく
説教してやろうとしたものを
そう言った感じの事を説明していると、ふとウルフからチッという舌打ちが
聞こえてきたような気がした
「わかってないようだから言うけど、あの女はスピアといって中級魔人の中でも
危険な部類に入っているんだ」
「それがどうした、俺に怖い物はない!」
するとウルフがあきれたように話を続けた
「あそこ、斬られても知らないからな」
背筋がぞっとした、オーケーオーケー、相手にしないことにしよう


ってヤバス、ス何とかとかいう女が近づいてきた、もう 終わりだ・・・・
さらば俺の人生
「お前がジャガンで、そっちはウルフだったな」
何だ?自己紹介か?よかったあそこは斬られそうにない
俺が股間に手を当てほっと一息していると、女が痛い物を見るような目でにらんできた
「お前達二人とはあたしが組む事になった、せいぜい足手まといにならないようにな、
特にジャガン」
いきなり指定され、びびった俺はヒィとか我ながら情けない悲鳴を上げた
「これはあんたの試験なんだからもう少ししっかりしてくれないとな、
あたし達は単なるちょっとした手助けしかできない」

204 :魔神戦争 ◆vNFYAR5c0g :2006/01/14(土) 10:48:34 ID:b+ZYnpzD0
「そろそろ時間だな」
そう言うとスピアがウルフの手を掴み俺の服の裾を引っぱると
「ルーラ」
と叫んだ、それと同時に風を切る音と共に場所が木が大量に生えている森の前
へと瞬間移動した
「出発まで残り一分」
ルールを確認するためにウルフに訪ねてみることにした、スピアはとてもじゃないが
おっかなくて話しかけられない
「ルールは簡単、五日間生き残ること死ねばそれまで、途中で抜け出す事はできない」
俺は絶望した、あの女と五日間も過ごさなくてはいけないなんて
今からでも別の人に変えてもらうしかない、うん、それが良い
とのあえず優しそうな人を探していると
「時間だ、行くぞ」
このスピアの声と共に俺は手を引っぱられ、森の中へと入り込んでしまった
それと同時に別の場所に待機していたのであろう、何十という戦士達のかけ声
や走る音が聞こえてきた・・・・・・・・・・・   
  |`l`ヽ    /ヽ/ <´`ヽ u  ∨ u  i レ'        
  └l> ̄    !i´-)     |\ `、 ヽ), />/     
   !´ヽ、   ヽ ( _ U   !、 ヽ。ヽ/,レ,。7´/-┬―┬―┬
  _|_/;:;:;7ヽ-ヽ、 '')  ""'''`` ‐'"='-'" /    !   !  
   |  |;:;:;:{  U u ̄|| u u  ,..、_ -> /`i   !   !   これからが本当の地獄だ・・・
   |  |;:;:;:;i\    iヽ、   i {++-`7, /|  i   !   ! 











205 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/14(土) 12:52:52 ID:6TErKDInO
ベジータwwwwww

206 :魔神戦争 ◆vNFYAR5c0g :2006/01/14(土) 12:56:07 ID:b+ZYnpzD0
これから話を進めるうちにシリアスになっていくと思います、たぶん。

207 :魚間 :2006/01/15(日) 03:32:49 ID:7wsW8zLp0
え〜とこれから投下しますが
批判とか指摘ばんばんしてください

208 :魚間 :2006/01/15(日) 03:34:58 ID:7wsW8zLp0
目が覚めると俺はデカイ椅子に座っていた。そして目の前には朱色の顔色の爺さんが何か喋ってる
「おお、ようやくお目覚めになられたか魔王様」
へ?何言ってんの?
いきなりの展開について行けない
確か古典の授業中に寝ちゃったんだよなぁ
「混乱されていると思いますがあなたは今この時から魔王なのです」
・・・・・・・魔王?
「え〜と、それはどういう意味でせう?」
すこし引き気味に俺は爺さんに聞いた。
「文字通りあなたは魔王なのです。わからないことばかりだと思うのでこれを」
そう言って爺さんは一冊の本を俺に渡した。
本のタイトルは
「・・・初めての魔王?」
俺は思わず呟いてしまった。
「そうです。その本は今のあなたにぴったりです。
まぁ今は気が動転しているでしょうから休んだ方がいいでしょう。
部屋に案内しますよ」


爺さんに案内された部屋はベッド、本棚、机、椅子があるだけの質素な部屋だった。
「じゃあ用があったら呼んでください。」
そういうと爺さんは部屋から出て行ってしまった
窓から外を見るともう日は暮れつつあった
俺の感想はただ一つ
「わからんことばっかりだ。」
そう呟いた後俺はベッドに倒れ込んだ。

209 :魚間 :2006/01/15(日) 04:07:43 ID:7wsW8zLp0
しかし本当にここは何処なんだろう。
さっきは場の空気に流されてしまったがよく考えると明らかに不自然だ
なんで授業中に寝て起きたら知らない場所でしかも変な爺さんが目の前に立ってるんだ?
しかもあなたは魔王だなんて・・・・・・普通は勇者とかだろ!?

とかなんとか思いながらとりあえず言われた通りに本を読む
オビにはこう書いてあった
『これを読めばあなたもきっと立派な魔王に。
親切に、そしてわかりやすいがモットーです』
・・・・・何処に売ってんだこんな本
というツッコミを心の中で入れた後、本を開いた

『この本を初めて読んだあなた。きっと何がなんだかわからないでしょう。』
うん。本当にわかんない

『あなたはこの世界の魔王となるべく召還されたのです。
この世界でのあなたのするべき事はただ一つ、勇者に倒されることです』

・・・・・・・・えっ?
人をいきなり召還しておいて勇者にやられろと、そう申すのですかあなたは?!
と思うと同時に自分が魔王なのだからやはり勇者もいるということに納得する俺

『あなたが召還されてから一ヶ月たつと勇者が旅立ちます。
あなたは勇者がちゃんと自分の元にたどり着けるよう
勇者を見守り、時には助けながら勇者を肉体的、精神的に成長させて下さい』

「・・・・・こ、これが魔王の仕事?」
俺は少し世界観を変える必要があると思った

210 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/15(日) 11:01:34 ID:kr4gpNRaO
GJ

211 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/15(日) 15:33:22 ID:tKooZO3a0
>>魔神
ワロタwww
>>魚間
イイヨイイヨ、続けて。

212 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/15(日) 16:33:58 ID:tKooZO3a0
何でこんなに人がいないんだ、感想ぐらい書こうぜ。
保守

213 :魚間 :2006/01/15(日) 17:24:46 ID:IZnqro+0O
ドラクエの世界の神様ってルビスであってたっけ?
実はTUVとモンスターズしかやったことなかったりする

214 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/15(日) 17:55:41 ID:kr4gpNRaO
神様でいんじゃね?
Zでもそうだったし

215 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/15(日) 22:15:54 ID:rve1pUuM0
ルビスは精霊でしょ?
3ならゼニスがいるけど

216 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/16(月) 00:39:47 ID:Yz4mo4aE0
テスト

217 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/16(月) 01:28:39 ID:pTHZLAUD0
マスタードラゴンはいちおう神らしい。

218 :DQな現代 ◆gqal0QWwZw :2006/01/16(月) 01:53:17 ID:5FwhMpKW0
>>183
続き
なんか色々あるみたいですが
投下しますね


父者が走り出す、若干相手の右側に寄っている。
(なら・・・)
それに続き、自分は父者の長剣に巻き込まれないよう左側に回り込む、
距離は約10b、一気に詰め・・・魔物が大きく息を吸った!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   ここで意識が飛んだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



219 :DQな現代 ◆gqal0QWwZw :2006/01/16(月) 01:54:07 ID:5FwhMpKW0
「・・・・いよう!!」
唐突に声が響く
「・・・・あ・・・あの・・・起きろって・・」
(う〜ん・・・ん?)
目を開くとそこは真っ暗な場所だった、特に暖かいとか寒いとか微妙だとかそんなのは感じられない、
強いて言うなら普通の空間、暗いだけで。
(死んだか?なら閻魔大王に書類審査してもらわないと・・・)
んな事を考えながら声の方向を向くとなにやら人影が見える、
20くらいの野郎、ジャンパーにジーンズ、特に決めてもいない髪型・・・

まさしく俺じゃぁないか・・・・ツマンネ('A`)


「いやあ、つまんねとか言われてもよぉ・・こっちにも用意って物があるじゃん」
最後だけ声に出してしまったらしい、ま、いっか
「で、俺が俺に何の用でしょうか?」
「ん、それだ、実は俺はお前なんだ・・・は解っているようだな。
 詳しく言うと・・・おまえはおまえの世界の俺で俺は俺の世界のおまえなんだ」
「ほほう、言ってくれる。で、おまえの世界の俺が何しにこんなへんぴなところまで?」
「自分の脳内をへんぴなところとか言うなよ・・・いいかよく聞いてくれ
 現在の状況では俺の世界におまえがいておまえの世界におれがいるよくわからない状況になってるんだ。
 なんかつっこみ所が沢山あったろ?起きてから?」
「(ははあ、なるほど・・)うん、なんかしらんが母者がザメハ使った、あと剣とかあった!!」
「他には?」
「う〜んと、そうだ、なんか魔物的なやつにぶっ飛ばされたんだ、さっき」
なにやら俺2号(←今つけた)が固まるのが解った
「つまり、魔物にぶっ飛ばされて気絶したと・・・どんなやつ?」
「マンホールからウボァァってなってる緑のやつ」
「それって・・・・やばいぞ、いどまねきかよ!!
 戦力は?まさか1対1じゃねーべよな?」
「一応父者とあと2名、やっぱりやべーのか?」

220 :DQな現代 ◆gqal0QWwZw :2006/01/16(月) 01:55:12 ID:5FwhMpKW0
「うん、下手したら全滅もあり得る、現にこうして気絶してるだろ?
 ・・・・しょうがねぇ、ほかにも色々あったがまたの機会だ、
 特技技だけ教えてやるからじっとしていてくれ」
「技術ってそんなに易々と伝えられる物かよ・・・」
「それができるんだな」
俺2号が目を瞑って念じ始める、すると、なにやら青白い炎の玉のような物が出現する!!
それはゆっくりと自分に近寄ってくると頭の当たりに被さり、吸い込まれていった
「どうだ?」
記憶が流れ込んでくる・・・・と言うよりは、体と心から何かが吸い出され、
件の青い玉と合成され、新しい情報として体の中に帰ってきた感じだ・・・。
「斬撃技が多いな・・・ま、俺だからか」
「うん、あとこれだけは見てほしい」
おれ2号は念を押すように言い、構える、剣のイメージだということは言われずとも理解した、
「で、こうだ」
激しい斬撃(のイメージ)を放つ、傍目にはなんだか解らないだろうが、自分の事なのでよくわかった。
「なるほど・・・専売特許みたいなもんなわけか・・・把握した」
「よし、じゃあ早速父者と魔物を倒してくれ・・・・」
(って、え・・・ちょwwwwwwwwwwwww)
・・・・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   また意識が飛んだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

221 :DQな現代 ◆gqal0QWwZw :2006/01/16(月) 01:55:54 ID:5FwhMpKW0
・・・気付くと道路にぶっ倒れていた、脳味噌がガンガンする・・・
そして、今見た夢(?)と現実(?)を同時に思い出す
(そうだ、俺に会って、いどまねきがいて・・・そうだ、父者は!?)
慌てて振り向くともう立ち上がり構え直している父者の姿があった。
そして後方にはさっきの二人が倒れている、どうやら突撃体勢が防御にも効いたらしい。
「父者!!」
「やられたな、雄叫びとは・・・なめたまねしやがって、うお!?」
2人同時に跳ね飛ぶ、と同時に黒い固まりが空を裂き飛んでゆく。
(いしつぶてか・・・)
いどまねきが砕いたアスファルトを投げつけてきたのだ!!
今は自分達を狙っているが、無防備な後方の2人を狙い始めるのは時間の問題だろう。
「くそ、切り込め、雄叫びは心配するな!!」父者が叫ぶ、
そう言われると何となくできる気がした、
「うおおおおおぉぉぉぉぉぉ」
剣を構え再度突撃する、すると、またもやいどまねきが大きく息を吸い込む!!
(またやられるのか?)


222 :DQな現代 ◆gqal0QWwZw :2006/01/16(月) 01:56:46 ID:5FwhMpKW0
が、次の瞬間腕を正面で交差させる、(大防御の構えか)
と同時に自分の脇を朱色の疾風が駆け抜け・・・いどまねきに直撃する!!
ッドオオォォォォン!!!
父者の放ったかまいたちだ、
夢の中で覚えた物の中にもあった(基本技らしい)が・・・自分の物とは威力が段違いであることは何となく解った。
その威力にいどまじんがのけぞる、防御のせいでダメージは大したことないようだが・・・それで十分だった
「ザァァァァァンテツ!!」
負けじと雄叫びを上げ、剣を振り上げる!!
(俺の専売特許!!)
剣が青い気で包まれる
「メタル斬り!!」(注:)
気合いを込めた斬撃がいどまねきの腕を捕らえ、完全に切断した!!
そして勢いに身を任せ走り去る、
振り向くと父者が長剣を大きく掲げ・・・魔人斬りでトドメを刺すところだった、
戦いに勝ったのだ。

注:おれ「メタル斬り」の響きが好きなので、勝手に改造してみました


あと、文章の区切りむずい

223 :一 五明 ◆l4DKXvv9Lw :2006/01/16(月) 12:31:53 ID:LZ6cUpPO0
起きたら突っ込みどころが沢山ってのが的確な表現でワラタw

224 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/16(月) 20:22:35 ID:+CRRlUtJ0
FF12の糞まとめサイトがついに終焉を迎えるようです。

http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1137175629/
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1137175629/
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1137175629/
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1137175629/
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1137175629/



225 :魚間 :2006/01/17(火) 00:48:57 ID:6DH7Lyeg0
『貴方には召喚された世界用の名前が与えられています。
召喚された時点で既に配下の魔物達が魔王の事を世の中に知らしめているので
魔王○○?誰それ?という事にはなりません。』

どうやらこっちの世界では魔王の名前が決まっているらしい。
爺さんに聞いとかなければ。
変な名前じゃないことを祈ろう

さらに本を読んでいくと最初にすべきことという項目があった
正直助かる。魔王になれと言われても何をすればよいのかわからない。


『1、召喚された世界のことをを知りましょう
まずは自分が活動していく世界の事を知ることが先決です。
城には書物庫があるのでそれを使い、知能の高い配下の魔物に学びましょう。』

この場合の魔物ってやっぱりあの爺さんなのだろうか?
しかし書物庫かぁ・・・・・むふふ


『2、魔物の配置を決める
勇者のレベルにあった配置をしましょう。
たまにスパイスとして少しレベルの高い魔物を配置しておくのも良いかもしれません
勇者が旅立つのは召喚されてから一ヶ月後ですが
明日明日と言っていると一ヶ月はすぐに経ってしまうのでなるべく早く済ませておきましょう。』

この文を読んで今までやってきたRPGのボスの親切心にホロリとしてしまった。
苦労してたんだなぁと実感。
しかしこの夏休みに入る前の先生が生徒に言う台詞みたいなのはやめてくれ。

226 :魚間 :2006/01/17(火) 00:49:39 ID:6DH7Lyeg0
『3、城の改築をしましょう
召喚された時点での城はどれも一緒ですがあなたの好みの部屋割りに改築することができます。
MSO(Magic Support Organization)建築部に連絡すればどんな要望でも約三時間で完成。
しかも初めて御利用の際には無料ですので是非利用しましょう。』

MSO?本の出版社を見てみるとこれまたMSOとなっている。
おそらく魔王の援助団体みたいな組織なのだろう。
しかし改築なんかする意味あるのか?
魔物たちもいきなり城がかったら困るだろうに


読んでいくうちにだんだん瞼が重くなってきたので今日はこのくらいにしておこう。
明日は本に書いてあった通り爺さんにこの世界について学ぶとしようかな。

そう予定を立てながら俺は夢の世界へと旅立った。











・・・・・・・だがそれは起こった。

227 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/17(火) 14:36:27 ID:iPjzgxipO
ワロスwwwwwwwww

228 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/17(火) 17:17:20 ID:7+iF8UDv0
このスレって人少ないよね。感想すらかかれてない作品があってサビシスofz


229 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/17(火) 17:56:48 ID:d71LA2hUO
好きな作品には何行でも感想を書けるけど、
興味の無い作品には『GJ』くらいしか書けないんだよなあ。
かといって、好きな作品にだけ感想を書くのもね…。

230 :魚間 :2006/01/17(火) 18:31:35 ID:2qkFsZOrO
個人的に言うと感想は正直に書いてほしいな。
気を使わないで普通に
「ここがやだ」とか「こうした方がいい」って言ってくれた方が助かる

特に今は物語の土台を書いてるから自分でも面白くないとわかってるから
GJって言われても気ぃ使ってくれてるんだなぁと思う
+自分の作品がどのように評価されてるのかわかんないので困る

という訳で俺の評価は正直に書いてほしい
「ツマランッ!」「糞」でもいいけどドコが糞か指摘してくれたら嬉しい

こういうのって俺だけ?
あと携帯からなんで改行変&長文メンゴ

231 :魚間 :2006/01/17(火) 18:37:37 ID:2qkFsZOrO
個人的な意見なんだけど感想は正直に書いてほしい。
今は物語の土台を書いてるから自分でも面白くないってわかってるから
GJって言われても気ぃ使ってくれてるんだなぁと思う
+自分の作品がどのように評価されてるのかわかんないので困る。

という訳で俺への評価は正直に書いてほしいな
「ツマランッ」「糞」でもいいけどドコが糞か指摘してくれたら嬉しい。

こういうのって俺だけ?

あと携帯からなんで改行変&長文メンゴ

232 :魚間 :2006/01/17(火) 18:41:34 ID:2qkFsZOrO
二度書きしてしまった…orz

233 :魔神戦争 ◆vNFYAR5c0g :2006/01/17(火) 20:22:47 ID:7+iF8UDv0
確かに自分も糞とでも何でもいっていいから感想書いてほしいな・・・・・
四泊目でいろいろあったから仕方ないとは思うけど。

234 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/17(火) 20:48:00 ID://S72QIO0
>>231
正直に書こう。面白いよ。
土台部分らしいけど十分(・∀・)イイ!!
これからが楽しみ。

ところで「魚間」って何て読むの?

>>233
正直に書こう。イマイチデス
本当スマン
一読者の意見なんで…

235 :魔神戦争 ◆vNFYAR5c0g :2006/01/17(火) 21:11:20 ID:7+iF8UDv0
>>234
全然良いですよ、正直に書いてもらった方が。
やっぱり頭の中で思い描いているのと実際に書くのとでは変わってくるし、
メモ帳にじっくり書いて見るとするか。

236 :DQな現代 ◆gqal0QWwZw :2006/01/17(火) 22:54:54 ID:4ePYtcvG0
じゃあおれにも

237 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/17(火) 23:32:41 ID:x/3c6C+J0
今いる職人さんのほとんどがそうだから言わないようにしてたけど
まさに今やってるみたいな職人の素の語りが好きじゃない。
トリ付けてるだけで淡々と作品投下されてた初代スレの頃はよく感想書いてたけど
職人同士の乙コールとか増えてから面白いなと思ってもレスしなくなったよ。

238 :魚間 :2006/01/18(水) 00:33:29 ID:eFV75V/KO
新人が偉そうな事言いますんで
興味ない方はスルーしてください


俺も読み専だったとき乙コールが好きじゃなかった。
てか今も好きじゃない
馴れ合いみたいで嫌なんだよな。

で、書く側にまわるととにかく自分の作品に対する正直な感想が欲しくなる
けど誰もそのようなことを書いてくれないので
要望を出してみました。
確にこの流れで批判レスをするのは難しいと思うけど
下手な馴れ合いよりもそっちの方が断然いいと思う。

さっきとほとんど同じこと言ってるけど
許してくださいm(__)m
>>237さんこんな意見もダメでしょうか?

239 :魚間 :2006/01/18(水) 00:52:24 ID:/Ga2iVgl0
自分が原因で気まずくなりそうなので投下


夜中にふと目が覚めた。
もう外は真っ暗でほとんど何も見えない。
明かりになるものはないかと探そうとしたとき携帯に気が付いた。
圏外だったが思った通りだったので気にしない。

それよりも自分を夜中に目が覚めさせた原因について真剣に考えなければならない。
何故起きたかはわかっている。
この形容し難い緊張感。
過去に数えきれない程体験したことがあるものだ。
対処法もわかっている。
だがここは俺の知らない場所だ。元居た場所とは勝手が違う

もう気が付いた人もいるかもしれないが言っておこう。
俺を夢の世界から現実世界へと引きずり戻した原因は唯一つ、
それは・・・・・・












小便がしたい(下ネタでスマン)

240 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 06:06:53 ID:Vb3UR7DaO
俺は何故か今の作者様方は感想という馴れ合いより殺伐とした空気の方が好きだという偏見を抱いてた
感想欲しかったら言ってくれればいいのにぃ!イケズぅ!

とりあえずGJ
俺のGJは「どうでもいい」と言う意味では無くてただ感想が思い浮かばないから感謝だけはしておこうって意味です
マジで続きを楽しみにしてます
作者の皆様、宜しくお願いします

241 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 07:16:27 ID:Mxv6v+jKO
馴れ合いツマンネ。書き手同士でヨイショし合って気持ち悪い。
このスレレベル落ちたな。ほんの一部の質の高い職人さん超頑張れ

242 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 07:23:54 ID:7neaX61ZO
↑じゃあお前が書け

243 :一 五明 ◆l4DKXvv9Lw :2006/01/18(水) 08:38:29 ID:yMmE/vGo0
あー創作文芸板の三語文スレとか、本スレと感想スレが別にしてあるスレ
時々見かけて何でなのかと思ってたけど、うざがる奴が多いのか…。

ここも分ける? あれはあれで仕切り屋がうざい事あるけど。

244 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 08:56:55 ID:+b98/VZx0
分けても無意味。
ガ板が典型。
厨が多いこの板なら尚更。

245 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 09:02:50 ID:kv71jUMr0
前に意見出てなかったか?
そんなことをするほど職人が高頻度で投下するわけじゃない、という理由から。

創作文芸はなかなかスレが落ちないし、
別にシリーズモノでやっているわけじゃない。
だから敷居が低くて、誰でも書ける。いや、三語文自体が簡単というわけじゃないが。

感想がいくつも書き込まれるほど、読んでいる住人だって多くない。
創作文芸に出入りする奴は、皆小説家を目指してる奴らだから、他人の文章に敏感で、
小説の体を成してるものは読むだろうし、感想も持つだろ。
ここは専門板じゃないから、読むだけ読んだけど感想を覚えるほどには深く読み込んでなかったり、
そんな中で「文章を書ける」職人さんに意見していいものか?って考えも少なからずあると思うよ
否定したら、きっとスレ内で誰かに指摘されるだろう。
偉そうにしやがって、お前が書いてみろ、と言われるかもしれない。

そう言われるという可能性を否定しきれないのは、ひとえに
創作文芸板と異なり、住人がその道の素人だからだ。
これこれこういう理由でつまらない、これこれこうしたら面白くなる、ということを、
ここの住人の批評する力では表現できない。
そして、例えそれができなくても、面白かった、つまらなかった、という簡単な意見ですませていいのか?
っていう葛藤があるはず。

だから文章の批評は「文章を書いている」当事者同士の馴れ合いになりがちなのだし、
根本的に意見が少なくなってしまうのもむしろ、当たり前のことだろうと思える。

読み込む必要がある程の文章ではなく、ノリで楽しむべきである、という事を理解してるだけに、
真っ当な感想はつきにくい。

長文スマソ。

246 :魚間 :2006/01/18(水) 09:29:52 ID:eFV75V/KO
凄く説得力のある言葉で感服いたしました。

>>234「うおま」ね。魔王のアナグラム?

247 :エイコ ◆h97CRfGlsw :2006/01/18(水) 11:10:54 ID:KbWPTH0G0
ゴメン、もうムリ。こんな流れじゃ書けない。
続きは自分のブログにでも書くわ。
キミたちのように無機質にいられる程、おばちゃんは若くないのよ。

では、名無しに戻ります。

248 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 12:34:56 ID:mvsILuLHO
あーあ…
もうグダグダ。このスレが落ちるのも時間の問題だな。

249 :魔神戦争 ◆vNFYAR5c0g :2006/01/18(水) 12:58:43 ID:sBYF9XSv0
LEVEL4「強者」

戦士達の気合いのこもったかけ声が辺りから聞こえてくる
一分ほど走った後にスピアに静止それ一度立ち止まる
「静かにしていろよ、見つかるとやっかいな事になる」
――沈黙――
「草陰に隠れるんだ」
ウルフが小声で言うとちょうどすぐそばにあった草陰に身をかがめ、隠れた
そして隠れてからさらに一分ほどが経った・・・・
辺りから風がやみ、葉の揺れる音も聞こえなくなった
その時大柄な男一人と小柄な男女がちょうど北の方角から現れた
「誰もいない?」
女が小柄な男に尋ねた
「たぶんな、だが油断しないほうがよいだろう」
小柄な男がそう言ったのを聞いた
「もしだれかいてもよ、俺たちにゃかなうわけないぜ!」
大柄な男が得意げにそう言っているのを見て、小柄な男はあきれているようだった
俺は二人と一緒に身をかがめて隠れていたがこういう状況に不慣れな俺はついつい音
を出してしまった、それもとびっきりでかい音で

    ブアックション!
俺のくしゃみの音に気づいた三人組がこっちの方を見る

250 :魔神戦争 ◆vNFYAR5c0g :2006/01/18(水) 13:08:58 ID:sBYF9XSv0
ヤッヤッバイ!すんごいにらまれている!恐怖で体が震えているようだ、俺が
「くそ、後で覚えていろよ」
スピアが立ち上がり剣を抜く
「ここで隠れているんだ」
ウルフも立ち上がり剣を抜く
そっそうか!目には目を!恐怖には恐怖なんだ!
俺には二人の言葉など聞こえてすらいなかった
「そんなところに隠れていたか」
小柄な男が言う
「だけど」
今度は女が
「俺たちに見つかったのが運の尽きだ!」
最後に大柄な男が叫ぶように言い身の丈ほどもある大剣を抜き出した
「まあまて、まずは自己紹介といこう、俺はゲイトだ」
小柄な男の名前はゲイトと言うらしい
「私はカイン」
「そして俺はゲンドウだ!」
ウルフとスピアは構え、攻撃に備える
そして二人が攻撃に移ろうとした瞬間何者かに呼び止められた
「まあまて、ここは一つ私に任せてもらおうではないか」
それはまさしくジャガンだった、恐怖で錯乱していて自分でもなにをしているのか
よくわからなかった

251 :魔神戦争 ◆vNFYAR5c0g :2006/01/18(水) 13:11:26 ID:sBYF9XSv0
「君たちは援護したまえ!行くぞ!」
二人だけではなく三人組もあっけにとられている
「HAHAHA! 行くぞ、究極奥義!」
勢いよくジャンプし、奥義を発動させる

252 :魔神戦争 ◆vNFYAR5c0g :2006/01/18(水) 13:12:00 ID:sBYF9XSv0
       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃
     |    /       ブーン
      ( ヽノ
      ノ>ノ 
  三  レレ


253 :魔神戦争 ◆vNFYAR5c0g :2006/01/18(水) 13:15:31 ID:sBYF9XSv0
俺が奥義を発動させた瞬間、ゲイトの放った火炎呪文ギラにより身を焼かれ
あっけなく墜落した
二( ^ω^)二「うわーだお」
スピア・ウルフ「早いよ!」
今仲間達の心が一瞬一つになった
「なっなにあいつ」
とりあえずカインには恐怖を与えられたようだ

254 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 15:08:45 ID:gKA4vx4b0
>>247
エイコタソ…(´・ω・`)ショボーン

255 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 17:53:13 ID:krMe1+iGO
あーあ、どいつもこいつも
職人を物書きマシンかなにかと勘違いしてるんじゃない?
ロクなことも書いてやらくせに、あれウザイこれウザイやめろツマンネって何様だよ
乞食の分際で口だけは一丁前な奴ばっかり
寂れるのも当然だね

256 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 18:19:17 ID:DES249rw0
良いこというねエイ・・・・・・じゃなくて>>255

257 :256 :2006/01/18(水) 18:21:05 ID:DES249rw0
よく見たら人違い・・・・・・・・・・・・・
でもいいこといってるね。


258 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 18:24:58 ID:MJ9c8Q8f0
それを踏まえて否定的な意見をみんな黙ってたのに
率直な意見クレって言うから率直な意見が出ただけだろうよ…

259 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 18:43:32 ID:B2fd586U0
意見がほしいという気持ちはよくわかる。創作活動をする者ならば当然の心理だ。
しかし、そのための努力を惜しんではならない。
日々向上心を絶やさず、文章力を磨き、鍛えることだ。
不特定多数の人間が集まる「掲示板」という場でなら、
いい文章にはそれに応じた感想がおのずと書き込まれるものなのだから。

と、以前に一度だけ一発ネタを投下した私が言ってみます。
あの時ほめてくださった皆様、その節はありがとうございました。

260 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 19:09:42 ID:DES249rw0
言い文章か・・・・・難しいな、もっとじっくりじっくりとメモに書いたり
うまい人のを参考にするべきなのか。

261 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 19:33:40 ID:R/Xwjpsx0
つか、去るのはいいとしても後を濁すのはどうかと思うんだがなあおばちゃん。
まだここで書こうとしてる人間もいるだろうし、空気悪化させるのは酷いような。
まあそういう自分さえ良ければそれでいいって感性は非常におばちゃんっぽいが。

262 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 19:54:00 ID:y2vKTbiS0
>>魔神
いきなりはじけててワロタw

263 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 22:06:05 ID:Pqo3KYyj0
>>260創作文芸板とか行ってみるといいよ。
なんだかんだで色々と議論しあってるから、参考にはなるはず。

264 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/18(水) 22:15:11 ID:y2vKTbiS0
>>263
参考にしてくる、トンクス

265 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/19(木) 00:07:30 ID:uSIPIl8t0
アリーナがグラウンドへ上がると観客の熱狂が更にヒートアップした。
いままで暗いところにいたので太陽光が眩しかった。アリーナは思わず目を細めた。細めた中に、正面二階観客席にはエンドール国王と王女、その傍らに自分の仲間が緊張した顔で座っていた。
お父様はきていないのね。
素早く見切り、安堵した感と、そして少しの寂しさを覚えた。
数え切れない程の観客がアリーナを応援している中、さすがのアリーナも緊張したが、深呼吸をして気持ちを落ち着かせた。
レフリーが叫ぶ。
「お待たせしました。エンドール武術大会決勝戦。挑戦者はなんと!西の国サントハイムの王女アリーナ!」
わあぁ、と観客がざわめく。
「それでは始めます。最初の対戦相手は…ミスターハンです!」
グラウンドにミスターハンと呼ばれた弁髪の武道家が兵士と共にきて、右手を上げて観客に答えた。
「始めっ!」
レフリーのかけ声と共にハンが素早く動き、アリーナに一撃を食らわす…。
アリーナは素早く拳を流し、左手を繰り出すが、ハンがまた避ける。
一進一退の攻防戦、拳と拳のぶつかり合いあいに、観客たちは驚きと動揺を隠せない。
アリーナは自分の実力総てを出し切っている。それを受け止めて尚且つ攻撃を仕掛ける目の前の実力者に、こういった相手が欲しかったのよ、と心の中でほくそ笑む。


266 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/19(木) 00:10:38 ID:uSIPIl8t0
ハンは確かに強かった。アリーナより更に上の武術を持っていた。
洗練された拳は下手な武器よりも強力である。
だが、鉄の爪を装備したアリーナの前では降伏せざるを得なかった。
ハンは、倒れた。
「アリーナ様、一人勝ち抜きぃっ!」
レフリーの勝敗を決める声にわあぁ、と観客は喚く。
「楽しかったわ」
アリーナが自分の汗を拭くのを忘れてハンに握手を求めた。ハンはグラウンドに寝そべりながら、
「鉄の爪か…。俺もその武器を使いたかったよ。だが、俺は純粋に素手で、武道家として戦いたかったんだ…。まぁ鉄の爪を俺が装備していたにしろ、お前の勝ちだよ。頑張んな」
アリーナとがっしり握手を交わした。
ハンが兵士に連れられ会場を後にした。レフリーがアリーナに次の戦いの為に薬草を使うか問う。疲労回復にと薬草をはんだ。たちまち疲れが吹っ飛ぶ。
力を取り戻し、軽く肩を馴らすアリーナを見て、レフリーは次の対戦相手を呼んだ。
「次の対戦相手はラゴスでございます!」
クロスボウを小脇に抱えた青年が現れた。
「始めっ!」
ラゴスと呼ばれた相手は矢を引き、アリーナに向かって放つ。アリーナは素早く左へ飛んで避け、矢は虚しくアリーナが今し方いた場所を切り裂く。
クロスボウは対象物を見極め、矢を射る。小さいながらも繰り出される凶悪なまでの殺傷力はブライが以前使っていたのを見て、流石のアリーナもこんなものにやられたらひとたまりもないと感じたものだ。

267 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/19(木) 00:15:51 ID:uSIPIl8t0
が。
クロスボウには欠点があった。
それは矢を補充するのと見極めて放つのに多少のブランクがある。
いくら使いこなせていても、こればかりは避けられない。
ましてやそのブランクを補える長距離離れているならまだしも、たかだかこのグラウンド、10mくらいの至近距離。
ラゴスは、アリーナのすばしっこさを知らないのだ。
第二矢をセットする前に、アリーナの鉄の爪が、ラゴスの顔面に炸裂した。
ラゴスが気を失い、グラウンドに散る。
「勝負あった!アリーナ様、二人勝ち抜きぃっ!アリーナ様、薬草は…」
「使わないわよ、何も怪我していないんだからっ」
「はっ!それでは次の対戦相手はビビアンでございます!」
ラゴスが引きずられてコロシアムを出ていくのと同時に、金髪巻き髪、化粧バリバリ、胸の谷間を強調したバニーが入ってきた。バニーが観客に投げキッスをして答える。
なんなの、こいつ…。馬鹿にして。すぐにこてんぱんにしてやるわ。
アリーナは右手の鉄の爪を握りしめた。
「始めっ!」
アリーナが胸部に向け、攻撃を仕掛けた。
「ヒャドっ!」


268 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/19(木) 00:19:25 ID:uSIPIl8t0
ビビアンが持っていたロッドから吹雪が吹き荒れた。あまりの吹雪に足一歩も出ないアリーナ。
「いやーんもうっ!アリーナったら自分が胸がないからって人のを羨ましがっちゃあ、だ・め・よイ」
「羨ましがってません!!」
吹雪による冷傷に悶えた。それでも攻撃を加えようと身体の痛みに耐え、ビビアンに向かう。
「せっかちは…嫌われるわよ」
ビビアンの紅い口紅に彩られた口元がニヤリと歪んだ。
「バギっ」
ロッドから真空の風が舞う。
腕を身体の前でクロスし、上半身を守る。風が、腕を、足を鎌鼬のように斬り裂いてゆく。風が消え去った後に残った傷だらけで身体のあちこちの痛みに気を取られている人間の急所である右大腿部にその赤いハイヒールで力いっぱい蹴りを入れた。
激痛が、体全体に走る。
自身を支えきれず、グラウンドに背部からくずおれた。
いけない。このままではやられる…!
アリーナは薬草を取り出し、はむ。身体が急激に活力を増し、やられた右大腿部も痛みが和らいだ。
すぐさま体を起こす。相手を見据える。ビビアンは隙だらけだった。だが迂闊には近づけない。なぜならロッドの先の宝石が魔力解放を待っていた。
たぶんまた攻撃呪文だ。どこかで解き放ってもらわないと…。
アリーナは再び鉄の爪を構えた。ビビアンとじりじりと対峙する。
対峙したまま時間がどの位たったのかはわからない。汗が額を伝う。
進まない苛立ちに動いたのはビビアンだった。
「メラミっ!」

269 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/19(木) 00:26:15 ID:uSIPIl8t0
ロッドから放たれる巨大な火炎弾がアリーナを襲う。
直撃は免れたものの、火炎弾の熱気に当たってしまい、肌を焦がす。再び呪文を唱え始めるビビアン。そうはさせまいと火傷を負いながらも鉄の爪を煌めかせる。
爪が隙をついて胸元を殺ぎ、鮮血がばっと噴き出す。
「やったわねぇ!」
憤慨したビビアンはバギマを唱えた。だが呪文が発動しない。ビビアンの顔に露骨に焦りが浮かんだ。ベホイミを唱え、胸元の回復を促す。
アリーナとてその間は薬草で火傷を治す。完璧ではないが、身体はいつもどおりになった。
「アリーナぁ…」
ビビアンが困り顔でアリーナを呼ぶ。
「どうやら魔力切れちゃたみたいイ」
ビビアンはてへっと舌を出した。
ビビアンは人間サンドバッグと化した。
「アリーナ様三人目勝ち抜きぃっ」
ボコボコになったビビアンは引っ込んでいった。
アリーナは火傷に効くとクリフトから貰った薬を肌につける。肌が引きつくほどの酷くはない火傷だったので、治るのも時間の問題だ。
「次の対戦相手はサイモンでございます!」
フルアーマーの戦士がやってきた。


270 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/19(木) 00:27:47 ID:uSIPIl8t0
全身を鋼の鎧、鉄仮面で覆って、肌の露出が全くない。右手には破邪の剣、左手に鋼の盾。攻撃、守備共に優秀そうだ。
「始めっ」
アリーナは構えた。せっかちは嫌われるわよ…。先手必勝のアリーナも先程のビビアンの戦いで学び、相手を見ることにした。
アリーナが攻撃をしないのを見てサイモンが攻撃を仕掛ける。
のろのろのろ…。
ブンっ!
剣を横に凪ぐ。アリーナは後方へとジャンプし間合いを取る。再びサイモンはガチャガチャと鎧独特の音をたててのろのろと近づき、アリーナに向かって剣を下ろす。
剣技はなかなかなものの、鎧が重いのか動作がやたらとのろい。
アリーナは素早く相手の背後に回り、爪で攻撃をした。案の定、嫌な音だけたてて、鎧にはさしたる傷を負わせられない。
サイモンはがしゃんと切りつけられたほうへ方向転換し、剣を振るう。
動きの速さは私のほうが有利だ。だが爪が役に立たない。拳で殴りつけたら反対に自分が怪我をしてしまう。どうしたら…。
剣を避け、間合いを取る。
そうだ…。
アリーナはサイモンの背後に忍び、背中を力いっぱいに蹴りを入れた。


271 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/19(木) 00:31:50 ID:uSIPIl8t0
サイモンは真っ正面からグラウンドに叩きつけられる。わたわたした後ゆっくり起き出し、また剣を携えて、アリーナに向かう。
アリーナはまた背後に回り、蹴りを一発。またサイモンは倒れる。
なる程、鎧は傷つけられなくても中身は叩きつけられダメージを受ける。
それを何度か繰り返すと、こ、降参…とか弱い声を上げながら、サイモンは万歳した。
「アリーナ様、四人目勝ち抜きぃっ!」重装備は確かに防御面ではよいかもしれない。武器もいいものを使っている。だがこんなへたれみたいな倒され方でグラウンドを去るのだけは嫌だなとアリーナは思った。
「それでは…五人目…ベロリンマンでございます!」
観客がざわめく。流石にアリーナも呆気にとられた。グラウンドに来た相手は魔物だったのだから。
毛むくじゃらの体躯は毛が衝撃を和らげる。体型だけは馬鹿デカい。それと比例してパワーもありそうだ。

272 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/19(木) 00:34:57 ID:uSIPIl8t0
見た目は面白いが心してかからないと…。
アリーナは唇をきゅっと結んだ。
「始めっ!」
「何っ!?」
驚きを隠せなかった。ベロリンマンは四体に分裂した。どれも同じに見える。それらがアリーナに立ちはだかる。
わからないので適当な一匹を選び、爪で斬り裂いた…と思ったら手応えはなく、空を裂いただけ。幻はなくなり、本体が馬鹿にしたようにベロを出し嘲笑した。
と同時に拳がアリーナの腹部に捻り込まれる。鳩尾に入った。激しい痛みに声が出ず、衝撃に思わずグラウンドに倒れ込み俯せになる。息が出来ない。
なに、あれは…幻術…?マヌーサの類か…?マヌーサ?それなら…もしかしたら勝てるかもしれない…!
アリーナは薬草を使い、身体の痛みの軽減を図る。
鳩尾の痛みは消えないものの、立位は取れる。左手で鳩尾をさすりながら再び対峙する。
と。またベロリンマンが分裂し、四体になり、四体がアリーナに向けて拳を下ろす動作をした。
『アリーナ様。マヌーサは自分の姿を投影し、自分の分身を何人にも作り、あたかも何人もいるようにします。本体が動けば分身も同じ動きをしますから些か驚きますね。私も使うのでこれはあまり言いたくないのですが、マヌーサの弱点を教えましょう。それは、』
見定めた。


273 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/19(木) 00:53:28 ID:wDl1UB4D0
『相手がどこにいたかをまず確認してください。マヌーサを唱えた瞬間、分裂する前のいた場所に本物がいます』
「お ま え だ ! 」
鉄の爪が、巨大な体躯に突き刺さった。すかさす幻術など使わせないように素早く斬りつけ、これ以上は傷つくのは嫌だとベロリンマン自ら会場を出ていった。
「勝負あった!アリーナ様、五人勝ち抜きぃっ!」
レフリーの声に、会場がわあっと喚く。
倒せたのはクリフトのお陰だよ。アリーナは心の中でも呟いた。
再び薬草で回復し、次の試合を待つ。
あんなに騒ぎ喚いていた観客も、エンドール国王が立ち上がり、喋り出すととたんにしんと静かになった。
「よくぞここまできた、アリーナ姫よ。さぁ、これより武術大会最終決戦じゃ。デスピサロを呼んで参れ」
「はっ!」
グラウンドの入り口に佇んでいた兵士に伝えると、急ぎ足で迎えにゆく。
いよいよ最終決戦か。とうとうここまできたのね。後はデスピサロと戦えばいいだけ。一体どんな奴なんだろう…。
アリーナはアミ達を見た。アミ達は無表情で見守っている。


274 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/19(木) 00:53:32 ID:K85clhqgO
支援

275 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/19(木) 00:58:14 ID:wDl1UB4D0
何も応答のないまま時間がたつと会場がややざわめいてきた。これはいかんと再度国王は兵士に催促する。
「どうした?早くデスピサロを呼んで参れ!」
どうしたんだろう?
アリーナも兵士達の異常事態に困惑する。
「国王様!」
兵士が息を切らし、グラウンドから二階の国王へと叫ぶ。
「デスピサロを探したのですが、どこもかしこもおりません!」
「何、デスピサロがおらんだと!?うぅむいないものは仕方ない…。…エンドール武術大会優勝者はアリーナ姫に決定じゃ!!」
エンドール国王の決断に、会場が、はちきれんばかりに熱狂で埋め尽くされた。
花火が上がり、色鮮やかな紙吹雪が舞う。観客総立ちで拍手とアリーナコールが沸き起こり、アリーナを包んだ。
サントハイムでお姫様をしていたときだって、こんなに祝福をされたことはない。
アリーナは右手を上げて観衆に答えた。アリーナは国王を見た。国王は頷いていた。モニカ姫は安堵したような顔で国王に寄り添い、拍手を送る。クリフトは拍手をし、アミは両手で手を振っていた。ブライは…泣いていた。
「応援してくれてありがとう!!」
武術大会を共にし、歴戦をくぐった右手の鉄の爪が、太陽光を反射し、煌めいた。

276 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/19(木) 01:08:43 ID:L/jDYnmV0
投下終了かな?
乙です

277 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/19(木) 02:38:09 ID:FRzl3wnrO
乙ッー!!

278 :魔神戦争 ◆vNFYAR5c0g :2006/01/19(木) 19:30:08 ID:pCbvYLKb0
これからしばらく修行してくるんで更新はしばらくないと思います。
一応報告しときますた。

279 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/19(木) 21:05:29 ID:cUi33n9B0
感想ではなく要望ですが・・・

アミ ◆36yZlE15gsさん、2章でやめないで
続きを書いてほしい〜〜。

ムリかな?

280 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/19(木) 22:48:35 ID:swsKKaIm0
>>278忘れたらいけないのは
ガチガチの文章ばかりが良い文章とは限らないからな、ってことだぞ。
頑張ってね。

281 :魚間 :2006/01/19(木) 23:59:52 ID:xFDp8H8F0
>>239の続き

困った。
部屋にはトイレは付いていない
ということはこの城の何処かにあるトイレを探さなければならない
悩んでいてもしかたがないのでとりあえず部屋の外に出る。
部屋の外も何も見えないくらいに真っ暗だった。

携帯の時計では現在午前四時。
この世界の時間と一緒かはわからないが俺が召喚される前の時間と
部屋から見た外の景色から判断するとだいたい合ってるだろう

無駄かもしれないがそれでも僅かな可能性に期待をよせる。

「あのぉーー、誰かいませんかーーーー?」
     ・
     ・
     ・
     ・
   声は虚しく響いた。

自らナレーションをしてさらに虚しくなった
あの爺さん用があったら呼んで下さいとか言ってたくせに呼んでも来ないじゃないか

しかたない。やはり自分で探すしかない

テクテクテク
  ・
  ・
テクテクテク
  ・
  ・

282 :魚間 :2006/01/20(金) 00:24:08 ID:U4DfGJbB0
(約10分後)
  ・
  ・
テクテク
  ・
  ・
「ここさっき通ったっけ?」

ここは城のはずだ
何でここは迷路みたいなんだ?
どう考えてもおかしいだろ!

そんなことを愚痴っても仕方がない。
自分でもベタな展開と思うがまさに俺は迷ってしまった。

戻ろうにもすでに戻る道さえもわからない状態
こんなことなら部屋の窓からさっさとすませておけばよかった。

このままいくと我慢の限界に・・・いや、それどころではない
最悪のイメージが脳裏をよぎる


国中に配られる号外
見出しは【魔王、自分の城で迷って餓死(笑)】
開かれる記者会見
城に押し寄せる記者団
モザイクがかかり、あの機械で修正された独特の低いor高い声で
見た事も会った事もないはずの魔王についてのコメントをする魔物。
しかしそんな衝撃のニュースも持って一ヶ月。
一年後には『魔王○○?誰それ?』

しゃ、洒落にならんがな

283 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/20(金) 06:45:06 ID:KkYHv5avO
>>275
乙です
ここから続くのか、な?


>>281
おもろいw

284 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/20(金) 17:07:42 ID:m6341GkZ0
とりあえず途中まで書けた
長いからテキストファイルそのままアップしたけどメモ帳では見れないかもしれません

ttp://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date8278.txt

285 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/20(金) 19:28:27 ID:Tpma8Rdw0
創作文芸板で魔神発見応援sag

286 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/21(土) 00:57:55 ID:ba6hvN2L0
>>284
うおー!クォリティたけー!
第2部期待してまってます

287 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/21(土) 02:22:56 ID:uePJ11A0O
>>284
超乙
ゆっくり見させてもらうよ

288 :284 :2006/01/21(土) 07:09:03 ID:9pQ8QWTeO
>>286-287
読んでくれてありがとう
このスレが好きだから初めて書き物に挑戦、大学ノートで書き始め二ヶ月かかってやっとここまで出来ました

残りは余り時間を空けずに書いていって必ず完結させます

あと、読み返すとおかしい所が多かったので後日修正版をアップします

289 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/21(土) 11:45:33 ID:EJqmtIXR0
普通に面白い、読み込んでしまった

290 :284 :2006/01/21(土) 16:30:46 ID:czy5EeS30
修正したものをアップし直しました
表現の仕方や大事な所の矛盾を修正…
>>284のテキストは削除しました

ttp://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date8335.txt


>> 289
ありがとう!
楽しめるものを目指します

291 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/21(土) 20:14:22 ID:Cg9eDjVf0
>>290
読んだよ すげー
普通にオモシロス たかはしがんばれ

292 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/21(土) 20:25:47 ID:5n01mzp80
>>290
すごい参考になる 二部期待してます。

293 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/01/21(土) 23:00:12 ID:w5//OJyd0
>>290
こう言ううpの仕方もアリだねぇ
一気に読める楽しみって言うのもイイね
作者さん二部期待してます

294 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/22(日) 00:31:18 ID:iovXzCgt0
「よくぞ頑張ってくれた!本当にありがとう!そなたの今の姿を見ればきっと父王も喜んでくれるだろう!」
まだ興奮冷めぬ武術大会後、エンドール城謁見の間。アリーナの傷の手当てもそこそこに、戦いが終わって国王にすぐさま呼ばれた。
軽はずみで婚約を優勝商品にしたり、戦い疲れた者を都合で呼ぶなどつくづく傍若無人な人である。
自分の尻を他人に拭かせたエンドール国王は自分の行動を顧みず、ただ目尻に皺寄せ笑顔を作り、娘の結婚を帳消しにしてくれたアリーナに握手を求めた。
アリーナは心ばかりの椅子に腰かけながらはあ、と溜め息にも似た声を発し、エンドール国王のやや強引な握手に為す術もなく、されるがままだった。
まあ、武術大会を盛り上げてくれたとのお礼も多少はあるだろうが。
「私からもお礼を申し上げますわ」
優勝者が女性で結婚をしなくて済んだモニカ姫の顔には笑顔が戻っていた。血色も良い。
「戦いの様子を一部始終見させていただきましたわアリーナ様。お強いのですね。素敵でしたわ。ああ…アリーナ様が男性でしたら…。あら、私何を言っているのかしら?いやだわ。気にしないでくださいね」
「ΩΩΩΩ<な、何だってー!?」
「ちょwwwモニカwwそれ言わないwwwうぇwうぇwww」
「アリーナ姫がエンドールで武術大会を行うことをサントハイム国王は知っているのですが、会場にいらっしゃいませんでした。何かご存知ですか?」


295 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/22(日) 00:33:10 ID:iovXzCgt0
クリフトが国王に問う。国王は王座に戻り、どっかりと腰を下ろした。
「王に通知はしたのだが返事が返ってこなかったのだよ」
「国王は国王なりの仕事があって来れなかったんじゃろうて」
ブライが白髪の髭を撫でながら言う。
「仕事っていってもねぇ…。王の前に一人の父親だし、自分の可愛い一人娘の晴れ舞台くらい仕事はほっといて来る努力はして欲しいねぇ」
あたしのごく真っ当な意見がなかなか通らないもんなのだよ、とブライは教えてくれた。
王との会話後、すぐにクリフトによる怪我の応急処置によって疲れこそまだ残っているものの、アリーナの身体の傷はほぼ全快。
アリーナは疲れているものの、優勝したことをサントハイム国王に知らせたいとすぐさまサントハイムへ帰ることを希望した。
異議はなかった。城をぶち壊し、サントハイムの税金の半分は城修理代にかけていると思われるおてんば姫に唯一誇れるものが出来たのだ。
このことをまさしく故郷に錦を飾ると言わないか。
彼女は言ってきた。私は武道家になりたいと。最近では『世界一の』がつくようになった。有言実行にて今まで培ってきた力を試せたのがこのエンドール武術大会。そして優勝。
これはあくまでも過程に過ぎない。自分の欲する道に努力を怠らず邁進すればいつかは自分の欲するものが手に入るであろう。
自分を信じて。
今はただ、サントハイム国王の元へと急ごう。

296 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/22(日) 00:45:30 ID:iovXzCgt0
謁見の間を後にし、階段を降りてゆく途中すれ違う人々はアリーナに祝福を述べた。
アリーナは微笑みながらありがとうと礼を返した。
クリフトやブライは我が事の様に嬉しかった。
実に多くの人から祝福を貰い、ほくほく顔でエンドール城を出ると、城門に人が大勢固まっており、エンドールの兵士があたしたちの姿を見かけると、アリーナ様!この者が…と人垣を割いて導いた。
「アリーナ様…」
辺りに野次馬を呼んだ張本人はサントハイムの兵士。傷だらけで仰向けになり努力性呼吸(自然に呼吸を行えず、自分が意識して懸命に呼吸を行う)をしていた。
「ど、どうしたんですか、その傷!!」
クリフトがすぐに回復呪文の詠唱に入る。サントハイム兵士はか弱い動きで腕を振るった。
「何を!?」
兵士の思いがけない回復呪文の拒否に叫ぶクリフト。
「アリーナ様…。すぐに城にお戻りください…し…城が…」
兵士はそれだけあたしたちに伝えて、今し方動いていた腕が力なく地面についた。
クリフトは意識、呼吸が無いことを確認してから、あたしと連携して心肺蘇生法を試みるが徒労に終わった。


297 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/22(日) 00:47:28 ID:iovXzCgt0
遺体はエンドールで弔ってくれるそうだ。丁重に礼を述べてあたしたちはブライのルーラでサントハイムへと舞い戻った。
城は見事に蛻の空だった。
「お父様!みんな!ねぇ!誰もいないの!?」
「奇怪な…どうしたことじゃ?どうして人っ子一人もおらん?」
城内部は荒れていなかった。何者かが争った形跡もない。ただ、城にいた人たちだけごっそりといなくなってしまった。
もし武術大会決勝前にこんな状態だったら通知をしても返ってこないのは当然といえば当然か…。
皆それぞれ別れて城内部をくまなく探してから一カ所に落ち合い、伝える言葉は「いない」。
二階の謁見の間、三階の国王と王女の部屋にあがったが一階と変わらない。
「皆何処へ行ったのでしょう…おーい!」
だがクリフトの声は響き渡るだけで反応は返ってこなかった。
アリーナがぶち破った壁から二階の屋根に降りると一匹の小さな猫がアリーナに懐く。
アリーナは猫を拾い抱き上げた。何かあったんだろうか。猫は細かく震えていた。
「懐かないミーちゃんがこんなになって…」
猫を拾って胸に抱きしめながら呟く。猫はにゃーにゃーと喚い「私、こんなあり得ないことにいつの間にかなっているとは思わなかった…」
アリーナの声が震えた。
「奇怪な…。もしや国王が夢で繰り返し見たということが現実になったのか?」
ブライの問いかけに誰も応答しなかった。


298 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/22(日) 00:51:56 ID:iovXzCgt0
「これからどうしましょう…」
クリフトが呟く。あたしは提案した。
「…よく聞いて、皆。ねぇアリーナは、王様が今はいないけど、生きていると思う?」
そうであって欲しいと思う…。とか細い声で言う。
「この世界に王様がいるとしたら、探しに行く?」
…。猫を撫でながら下を向く。
「王様がいなくなりました。これではサントハイムは機能しない。隠していてもいつかはバレる。そしたら領内の人は混乱するよね。そこでサントハイム王国王位第一継承者のアリーナ、あなたが、今ここで即位しサントハイムを守るという方法がとれるんだけど」
「私は…」
下を向いていたアリーナはあたしに顔を見せた。緋色の大きな瞳は涙で揺らいでいた。
「まだ何も出来ないから…」
「まてアミ。ここでアリーナ様が女王として即位は可能だ。アリーナ様は何も出来ないと申しておるがそれは儂らが助け合えばよいことだ。だがいなくなった城の人達はどうなる?」
ブライが冷や汗をたらしながら質問する。あたしは、さぁね。そのままでしょうよ。と答えた。再び向き合う。
「アリーナ。あなたに出来ることは二つある。一つはここで今すぐ女王即位。もう一つはサントハイムをほったらかして王様を捜す」
「私は…。私は…」やや時間をかけたあと、答えた。
「お父様を捜す」
「あなたは王位継承者よ?国を治める人なの。ほったらかしにしていいの?」


299 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/22(日) 00:54:17 ID:iovXzCgt0
「本当、この国に住む人には申し訳ない。私の我儘で迷惑がかかる。だけど、自分の大切な人が訳もなくいなくなって、はいそうですか、それまででしたねなんて出来ない」
アミだってそうでしょう?大切な人がいなくなったら捜すでしょう?諦めたりしないでしょ?と反対に問われ、あたしは閉口した。
「わかった。だけどもし結果が残念だったとしても?」
アリーナは小さく頷いた。
「アミさん…そんなこというなんて酷いですよ」
クリフトが訝しげに言う。酷くなんてないよ。仮定で聞いているだけ。それに、重大な事柄をすぐさま判断出来ないような女王に将来はなって欲しくないんでね。
「じゃあ決まり。あたしたちは王様を、城の人たちを探す。で、FA?」
城を眺めた。
長年住み慣れた城だ。旅をしている最中、三人はたまには帰りたいと願ってきた城だ。だが今は。設備はそのままだが迎えてくれる人がいない城は、なんだかよそよそしかった。
城内部には錠をかけられるだけかけ、魔物よけの聖水を振りまいて泥棒と魔物の侵入に備えた。城内部の人が帰ってくれば誰かしら合い鍵は持っているはずである。
「お母様、お父様が帰ってくるまで城を守ってください」
アリーナは城に向けて祈りを捧げた。あたしたちも倣う。
「それでは、いってきます」


300 :アミ ◆36yZlE15gs :2006/01/22(日) 00:58:57 ID:iovXzCgt0
「おはよう。朝よ。早く起きなさい」
ん…どうやら寝ていた様である。
よく聞きなれた声に反応し、体を起こす。話しかけてきた人をまず歯磨きをしてからと手振りをし、洗面台で歯磨きをする。
終わった後、椅子に腰掛けながら昨日買ってきた牛乳をちびちびやりながら一服する。ここでようやく一息。会話が出来る。
「なんだか気分悪そうだね。良く寝たからかな」
「良く寝れた…。うん。なんだか長い夢をみたような気がして」
「何の夢?」
「忘れちゃった。…ねぇ、これは、あたしがいるここは夢の中なのかな」
「夢じゃないよ」
ベッドに腰掛けながら、アリーナが答える。
「そうだよね。ここはサランの町の宿屋だもんね。で、アリーナは昨日エンドールで武術大会で優勝したんだよね」
「そうよ」
そうだよね…。またサランの宿で休めば、これが夢ならば、現実に戻れるかと思ったんだけど。
「サランの町にいるお父様の教育係にサントハイムの全権を任せたから。信頼出来る人だから安心ね。あとは友好国のエンドールに頼めば」
「本当にそれでいいの?」
「いいわ…。サントハイムの人を、お父様を捜す。それに…お父様の夢が現実になって城の状況があるならばそれを知りたいし…」
それに世界には強い人いっぱいいるでしょ?手合わせしてみたいし、と本音を漏らした。
「クリフトたちも付いて来てくれるし」
アリーナは窓を仰いだ。


478KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

img0ch BBS 2005-07-01 PHP0ch