■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 最新50

もし目が覚めたら、そこがDQ世界の宿屋だったら

1 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 05:33:29 ID:NA3D0HzS
どーするよ?

2 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 05:36:37 ID:3N73xQpE
2げっつ?

3 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 05:42:09 ID:dNbNaiMc
とりあえずたんすを調べる

4 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 05:42:22 ID:NA3D0HzS
とりあえず就職の心配はなくなるな
スライム狩ってれば生活費稼げるし。数G払えば宿屋に泊まれるから家も必要なし

5 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 05:51:09 ID:Y3CfadkC
とりあえずもう一寝する

6 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 06:11:46 ID:vh/amK1R
自分のステータスを確認する

7 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 07:21:01 ID:ndYrEjU6
目が覚めたら、DQ世界の宿屋だった。
寝起きのはずなのになぜか宿屋のカウンターに直立している俺。
フラフラしながら宿屋の主人が何か言っているのを聞き流す。
とりあえずこの世界の人の話を聞きたいので「あの」と話しかけてみると、
即座に「泊まりますか?夜まで休みますか?どちらも4ゴールドです」と言われる。

怖くなって宿屋から出た俺はステータスを確認しようとするが、ステータス窓が出ない。
なんとなく HP11 MP2 Lv,1 そんな感じがする。感覚の問題らしい。
ちから3というのはレベル1にしても低すぎる気がするが、MPあるし、虚弱体質なので納得する。
装備は布の服。以上。ノーパンなので股間がスースーする。ブリーフでいいから下着が欲しい。
所持金0G。無一文だ。確かに俺はニートだが、10Gくらいあってもよさそうなものだ。

パンツがほしい。できればトランクス。
地形や色合いが不自然な町をウロウロして店を探す。

人通りはまばらだが、同じ顔の人間が複数いる気がする。誰も彼も目が死んでいるような気がする。
道具屋を発見。店主らしき小太りのオッサンに話しかける。「あの、パンツありませんか?」
「いらっしゃい、ここは道具屋です。何をお探しで?」「あの、パンツ」
パンツを求めるが、店主は何も言わず、よどんだ目でじっと俺を見つめている。
カウンターに見本らしい品々並べられていて、アルファベッドに似た字で、紙切れに品名が記されている。
なんとなく読める。やくそう、どくけしそう、せいすい、キメラの翼…下着は置いてないらしい。
「すいません、ほか行きます」「ありがとうございました!またどうぞ!」ある意味では良心的な店だが。

8 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 07:25:34 ID:HlXmI8Uq
とりあえず「ゆうべはお楽しみでしたね」と言われてみる。

9 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 07:48:19 ID:ndYrEjU6
店を探して通りを歩く。歩いてる人が少なくて、それが妙に怖い。
と、町のスミっこの木陰に宝箱を発見。開けてみると、青と白のストライプの…ステテコパンツだ!
幸運に喜びつつ、そのまま木陰で着替える。布の服を脱ぎ捨てて全裸になった俺は、
ステテコパンツに足を通した。まあまあの履き心地だ。パンツ履いたので、布の服を着る。
上着を着て、ズボンを履いて、腰紐をキュッと締めた瞬間ステテコパンツが足元にパサッと落ちた。
そうだ、ステテコパンツは鎧扱いだった。

防御力4の布の服を装備して、とりあえず普通の人として外を歩くか。
防御力8のステテコパンツを装備して、パンツ一丁の変態として歩くか。

布の服のままステテコパンツを持って通りに戻ると、
40mほど先に武器屋と防具屋が並んで建っているのを発見。
防具屋の店主はインド人風の中年男、武器屋は筋肉ムキムキで半裸にツノマスク。
何をするでもなくカウンターの向こうに直立し、虚空を見つめている。

防具屋に話しかける。布の服なら15G、ステテコパンツなら50Gで買い取ってくれるとのこと。
こんな世界でもパンツ一丁というのは抵抗があるので、パンツを売る。
旅人の服は防御力7、70G。なんで服なのにパンツより脆いんだろう。でも欲しい。
モンスターを倒して金を得よう。素手じゃムリそうだったら、ひのきのぼう(20G)を買おう。

町を出ると妙にノッペリした世界が広がっていた。遠近感が狂いそうだが歩き始める。
最初に遭遇したスライムベスの一撃で意識が遠のき、DQキャラの苦難を痛感する。
蹴り殺してやろうとローキックを放ったら、その足に体当たりを食らい、鈍い音を立ててスネがヘシ折れる。
激痛で意識を失う。

次の瞬間、目の前に神父が立ってボソボソと何か言っていた。
どこも痛くないけど、精神的に疲れた。所持金は25Gに半減していた。
さっきと同じ町。どれくらい時間が経ったのかは分からないが真昼だった。
途方に暮れた俺は武器屋でひのきの棒を買い、宿に部屋をとった。
所持金1G。

10 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 09:36:30 ID:Qgk0+kdc
ネバーエンディングストーリーを思い出すんだが・・・。
良スレ。

11 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 10:34:46 ID:ndYrEjU6
外に出る前に、さらなるアイテムを求めて町を探索する。
家々を回ってツボを割り、タルを割り、タンスを荒らす。思ったとおり何も言われない。
くまなく調べて薬草2個と聖水を獲得。生まれて初めて井戸に潜ってみたが、何もなかった。

パンツの時もそうだったが、俺の行動が何かに縛られているようだ。
ツボ割ってOKなら村娘の乳揉んでもOKだろうと、手を出そうとした瞬間、体が硬直して動かなくなった。
つまらん。

ひのきの棒。全長1mすこし、重量700gといったところ。使いやすい感じ。
外に出てスライム3匹に遭遇、交戦。スライムの小ささにイラつく。当たるけど狙いがシビア。
3匹全てを撃破する。しかし右眼球破裂、右肋骨3本骨折、それが肺に刺さると被害甚大。
戦ってるうちに気絶しないコツを掴んだので、死ぬほど痛いけどなんとか気絶しない。HP2(体感)。

口からゴボゴボ血を吐きつつ道具袋から薬草を取り出して右目にこすりつけてみる。
なんか、ブリブリと奇妙な音を立てて眼球が再生した。普通に見える。
他のケガにも擦り付けて体力全快。HP14ぐらい。レベルが2に上がったようだ。
何か呪文を覚えているかもしれないので、恥ずかしいけど試しに「ホイミ!」と叫んでみる。
何も起こらない。HP満タンだからなのか、MP足りないのか、覚えてないのか。不便だ。

ちょっと自信がついたので森に入ってみるとドラキーが2匹出た。
試しに手のひらを向けて「メラッ!」と叫んでみたところ、左耳を食いちぎられる。

1匹をなんとか撲殺したものの、2匹目の爪攻撃で右腕をもがれてしまい、HP5。
薬草を使ったら右腕がすごい勢いで生えてきた。耳も。ドラキーに聖水かけたらジュワーって溶けた。
足元に転がっていた俺の腕(元)がどこかに消えて、破れたはずの布の服のソデが再生している。
血まみれボロボロだったのに、いつのまにか新品同様になってる。おかしい。

所持金7G。
戦闘で金稼ぐの、しんどい。
帰りたい。

12 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 10:45:34 ID:UraEyL5V
なんだか無駄にグロいw
良スレだからあげちゃえ

13 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 11:23:05 ID:mqu0qfcl
生々しい

14 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 11:51:43 ID:TodJfBkp
良スレ期待age

15 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 12:06:20 ID:sQVl7yo9
メラワロス。

16 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 12:37:49 ID:cKbqND6c
ククールに会いに行く

17 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 14:11:57 ID:Qasm5poz
電車の中で読んでてブリブリの所で思わず吹き出してしまった(恥

良スレだなw

18 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 14:17:31 ID:WhHrepfq
>>4 わろた!!!

19 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 14:41:49 ID:0lNjxSYG
続き楽しみやわ

20 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 15:20:48 ID:2mgOvH8f
頑張って作ってね

21 : :05/03/15 15:21:07 ID:YLWiDdRs
あっ、なんとなく立てたらなんか良スレっぽくなってる
>>7>>9>>11の人がんばって。Lv99まで

22 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 15:45:13 ID:zNk4Guht
たぶん世界一の商人になる

23 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 16:10:20 ID:Qgk0+kdc
8の世界ならまだしも、5あたりの世界に行ったら、キツいだろうな
主人公、散々な目に合うしさ
良スレsage

24 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 16:21:00 ID:0BZUHpYZ
でも、こういうの面白いね。
応援sage

25 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/15 19:46:48 ID:eV0LINZI
俺もネタを考えてみようかな

26 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 02:15:03 ID:t+NxyfuA
誰も書かないので、書いてくれよage

27 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 03:20:58 ID:+ofo9X3E
ID:ndYrEjU6天才だろw

28 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 09:48:26 ID:mrpZWUNq
続きはー?

29 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 10:05:55 ID:DphtjUCV
>>27
もしかすると女の子ダメージスレのあの人じゃないか?
どちらにしても11は良ネタなので、あっちにも貼ってこよう。

30 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 10:08:51 ID:mco7rEHt
うはー天才がいる
上げ

31 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 10:11:49 ID:lPEcKe42
面白いけどグロイな。
そうか、現実で現すとこんなんか。

32 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 10:34:44 ID:A0x++KoL
とりあえず武器屋に住み込みで働いて金を貯めて家を買う。
そしたら気の効く綺麗な奥さんをもらって子供をもうける。
次に自分の店を持つための旅に出る。
店を持ってそこが軌道に乗ってきたら奥さんに任せて自分は伝説の武器を探す旅に出る。

33 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 10:45:08 ID:Y6OMnMEP
質問。
DQの宿屋って飯付き?

34 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 13:05:41 ID:3XvbLQ/s
戦いでボロボロになった体を癒そうと宿屋に向かう。
戦闘終了後はいつも現実では考えられない満身創痍だ。今日も腕がちぎれている。

「泊まりますか?夜まで休みますか?どちらも4ゴールドです」
もはや聞きなれたセリフ。毎回機械のように効率的な接客をしてくれる。
「はい」と答えると画面が真っ暗になり、気づくとちぎれた腕も復活し、俺はカウンターの
前に立っている。体力は全快しているが全く休んだ気にならない。
そういえば飯も出されていない。というか腹が減らないんだ…おかしい
それどころか便意も感じない…
俺の人間としての生理現象までDQ仕様になってしまっているようだ

35 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 13:17:57 ID:2MnW73ot
トリ!トリ!

36 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 13:43:08 ID:L3ixnoK4
死なないかぎりHP1でも普通に戦い続ける運命sage

37 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 13:43:44 ID:meDvdn6w
ndYrEjU6以外の奴はもう少し頭をひねれ。

38 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 13:51:37 ID:QE4kH++Z
>>37
読むだけのクセに偉そうに言うな。

39 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 13:55:29 ID:meDvdn6w
>>38
すまん

40 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 13:57:01 ID:t+NxyfuA
>>33
トイレも飯もなし。

41 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 15:23:04 ID:HhS+SlgN
DQ仕様なら、腕千切れるとかないと思う

42 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 15:48:20 ID:Aso/nFHd
新しい村に到着する、何やら騒がしい、話を聞くと魔物が村を襲ったようだ。
村長らしき人に魔物退治を依頼される。嫌だ、行きたくない。
励ましの言葉でもかけて丁寧に断ろうとしたがなぜだ、頭の中には「はい」と「いいえ」の
二つしか浮かばない、仕方なく「いいえ」と答え、立ち去ろうとする・・・だめだ、
体が動かない、その上一度断った俺にまだしつこく依頼をしてくる。
観念して「はい」と答えてしまった・・・。


43 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 16:21:15 ID:Aso/nFHd
魔物は村の東の洞窟にいるらしい。他には何の情報もくれない。
村長の紹介で村人の1人が魔物退治に同行してくれることになった。
名前はトムというらしい、威勢のいい若者だ。準備もそこそこに洞窟に向け出発する。
トムは俺のケツにくっついて歩き、一言もしゃべらない、何なんだこいつは。
最初に会った時は口数も多かったじゃないか。

洞窟に到着した、普通は暗いはずの洞窟だが光に満ちている。これなら進みやすい。
少し奥に入ったところで魔物に襲われる、お化けキノコだ。
トムが果敢に突っ込んで行く、数回お化けキノコに攻撃を当てたが、
反撃を受けその場に倒れこむ。俺も買ったばかりの銅の剣で攻撃を仕掛ける。
さすが220ゴールドもした武器だ、お化けキノコは一撃で絶命した。
気がつくとトムがいつの間にか棺おけの中に入っている。何なんだこいつは。
あのお化けキノコが村襲った魔物だったんだろうか、情報がないから分からない。






44 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 16:56:38 ID:Y6OMnMEP
もし目が覚めてそこがDQの宿屋だったら
できればDQ8の宿屋がいい。
だって他のはみんな重なって寝るんだぞ?

45 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 17:06:57 ID:zEe/DlRO
7の、アイラと出会うシーンで
「ねえ、こっちにこない?」って
外で寝るイベントがあったけど
アイラもうちょっと危険感じた方が
いんじゃないかと思った。
男3人ですよ・・・?

46 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 17:10:02 ID:Znx34C9G
バーバラと重なって寝れるなら本望

47 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 18:11:20 ID:1/VKmPfm
>>45
襲われても返り討ちにできるくらい剣に自信があるんだよきっと

48 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 18:21:09 ID:zyt/5bRB
まぁ、>>46のケツ穴にはハッサンの鍛えぬかれた業物が突き立てられているわけだが

49 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 18:22:37 ID:T9diPvHm
>>45
男と言ってもガキ2人とじじいですよ

50 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 18:23:11 ID:hXvUB61l
並び順を考えればそうなるかもな・・・
バーバラを意図的に一番最初に持ってこないとw

51 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 18:37:31 ID:OPo60Agq
DQの世界だったら ずっとパフパフで一生過ごす

52 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 18:41:01 ID:hXvUB61l
ちょっとまて。
思ったんだが、もしかして不老?

53 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 18:54:31 ID:zEe/DlRO
>>47 >>49
だって、アルスは性欲盛んなお年頃だし
ガボは野生児で理性ないし、
メルビンだってまだまだエロじじいだもの。
うん、やっぱり武芸に自信があるからでしょうね

54 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 19:03:18 ID:BK6qGnOM
ちんこにバイキルトかける

55 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 21:42:04 ID:fxtHeSVF
外が騒がしくて目が覚めた、目覚めの悪い朝だ
しかし、起きてみたのはいいが、枕や体に密着するベットの感触が違う
首を左右に振ってみる、いや、思い切り見覚えのない家だ、俺の家にはあんなタンスはない、と言うか、賃貸だ
酒を呑んだ覚えはない、だから、間違って他人様の家に上がり込んでしまった可能性はない
とりあえず、起きて窓を開けるために体を起こす、歩くと床がカツカツ鳴る
バタン、簡易的な鍵のかけられた窓を開けると、そこには日本では考えられない風景が広がっていた
小さな農村のようだが、明らかにここは日本じゃない。
まず、日本には上半身半裸のマッスルは歩いていない、牛舎なんて初めて生で見た、さっきからうるさいのは黄色かかった鶏か
とりあえず、とんでもないどこかのド田舎なのは分かった、ただ、時間が分からないのはかなりマズイ。ポケットをまさぐって、携帯電話を取り出す
・・・・圏外だ。あたりまえか、電柱なんか一本も立ってないし、電波塔も勿論無いだろう
さらに予想外だったのは、時計表示が消えていたことだ、ディスプレイには暗号のような文字がただ書いてあるだけだ
HP14MP0
Eしふく
Eスニーカー
Eやすもののゆびわ
タバコ
ライター
一体どうなっているんだ

56 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/16 22:17:40 ID:+ofo9X3E
>>55
クリムゾンの迷宮を思い出させるなw

57 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/17 08:38:33 ID:84+gRuQC
>>55
イイヨイイヨー(・∀・)
続きキボン

58 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/17 09:10:26 ID:r6j674YJ
【7:12】 母の声で起床。まだ眠い。顔を洗う。
    両手に持った剣と盾、頭につけたヘアバンドが激しく邪魔だ。
    グラフィックの都合上、下におけないないのがつらい。
【7:22】 朝食だ。…と思ったら母について来いと言われる。イヤになる。
     「ここから まっすぐいくと おしろ です。さあ いってらっしゃい」母の言葉だ。
     うるさいんだよ。俺はオルテガじゃないただの息子なんだよ。
     「どうしたの?おうさまに あっていってらっしゃい」うるせぇんだよこのババアが。
【7:35】 城に出発。城内ではうるせぇ兵士がわめいている殺すぞ。
【7:43】 「助けて〜!」王が叫んでいる。俺にどうしろっていうんだよ。
【7:50】 王に話を聞く。バラモスに世界征服されかけてるらしい。うだつの上がらない奴だ。
【8:03】 王から金と武器防具をもらう。50G、ひのきの棒、こんぼう×2、たびびとの服。
    これなら城の兵士の方がいい装備してるんじゃね?気分が盛り上がらない。早く家へ帰りたい。
【8:46】 大臣がニヤニヤしている。
【9:30】 王への謁見終了。
【9:40】 帰宅。

59 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/17 09:12:01 ID:r6j674YJ
【9:45】 ルイーダの酒場へ。戦士(男)僧侶(女)魔法使い(女)を仲間にする。また悩みの種が増える。
【10:11】みんなで談笑。戦士の笑い声にみんながいらつく。
【11:20】まもののむれ 登場。
【11:22】「スライムのこうげき!」 相変わらず元気な奴だ。
     「ゆうしゃのこうげき!」本当はどうでもいい。戦士早く攻撃しろ。
【11:40】おおがらすに襲われる。獣臭い。残りHP1で力が出ない。
【11:42】「ホイミ!」僧侶だ。タイミングが良すぎる。どこから見ていたんだ?
【11:43】「まほうつかいはしんでしまった!」さようなら、魔法使い、こんにちはオレンジのウィンドウ。
     スライムがニヤニヤしている。
【11:45】「かいしんのいちげき!!」ただの攻撃だ。
     「まもののむれをやっつけた!」 このセリフには飽き飽きしている。
【11:49】戦闘終了。「大丈夫?」格好だけ聞いてみる。
【11:53】戦士が来た。「せんしのこうげき!」遅すぎる。もう戦闘終わってる。帰れ。
     うだつの上がらない奴だ。
【12:30】帰宅。楽しみにとっておいたおやつのプリンをじじいが食べていた。
     母がニヤニヤしてこっちを見ている。

いやがらせか?殺すか?

60 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/17 10:47:13 ID:7mAdHREe
ますます良スレを願ってsage

61 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/17 11:03:20 ID:27QPZksB
>>58
それアンパンマンのチェンメの内容に似てるね

62 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/17 14:04:34 ID:TXHPBdEq
パロディだと気付けよ

63 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/17 19:52:57 ID:vIKnGgxW
初めは何がなんだかわからなかった・・・
ここがどこなのか実は今もわからない。

しかし、そろそろ素直に認めようとも思ってることがある。それは、
ここはやはりDQの世界だということを。地図がないから確認のしようがないが、あの個性的なモンスターやあらくれや教会は、
まず間違いなくDQの世界であることを物語っていた。

あの日以来、日本だけを目指しおびただしい数のモンスターたちと戦い、
数え切れぬほどの日数を重ねて街々を行き交い、船も手に入れることが出来た自分を、ちょっと誇りに思う。
そして、なによりも今は仲間がいる。自分を含めてパーティは4人。心強い仲間たち。
彼らのおかげで、抗うことの出来なかった運命が、ちょっと変わった気がした。
また、最近になって、彼らは自分に大きく期待していることを知った。
こんなに弱い自分に期待がかかってるなんて、現実世界では有り得たのだろうか?

みんなの期待を裏切らないために、もっと強くなりたいと思う。
たとえみんなと別れても、絶対に忘れない。
現実世界に戻れる日も、きっと来るのかもしれない。

希望を持って、また明日を迎えたいと思う。

そして、現実世界でも強く生きていけるように・・・





や は り 
ル イ ー ダ の 酒 場 に 
遊 び 人 と し て 志 願 し た の は 
効 果 が あ っ た よ う だ

64 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/18 18:24:41 ID:b3GwhWgf
良スレage

65 :55 ◆WVtRJmfCVI :05/03/18 20:27:09 ID:HHWorTO2
携帯のディスプレイに表示された謎の文字。HP?MP?見覚えのある文字だが、思い出せない。
とりあえず、悩んでいても仕方ないだろう。俺はせらせらとそよ風が吹き込む窓を閉じ、一回に降りた
幸い、村人は日本語で会話しているみたいだ。土地も分からず、言葉も分からなかったら自殺すら考える所だ
宿屋のテーブルで朝食を取っている小太りの男に話し掛ける
「なぁ、あんた、ここはどこだ?」
「寝呆けてるのかい?ここはアルバート家が統治してるリーザス村だよ」
益々知らない土地だ。リーザスなんて浮いた名前。日本にあるか?
セントレアだか南アルプスだか、そんな市町村はどっかにあるみたいだが、少なくとも俺はリーザス村なんて知らない
「兄ちゃん、旅人のくせに軽装だが、ここからトラペッタやポルトリンクに行く時は魔物に注意しなよ、最近は関所が破壊されたり、昼から魔物がうろついたり物騒だかな」
マモノ?マモノってあの魔物か?キーワードが追加されるたびに頭の中が混乱する。
とりあえず、外に出よう。どうなっているんだ
「お、おい。兄ちゃん!!」
宿屋の中から、声が聞こえるが、もはや俺の耳には届いていない
右を見ると、やたら巨大な屋敷が見えた、これがさっき言ってたアルバートって家か。確かに裕福そうな家だ。
魔物に気を付けろと言われたが、所詮小動物か犬だろう。問題ない筈だ
焦って宿屋を飛び出してしまったが、心を落ち着かせるためにタバコに火を点ける
カチッ。ボッ
ジッポーライターとタバコがあって本当によかった、これは手放せない
と言っても、こんな世界にタバコの自販機が置いてあるとは思えない。葉巻くらいならありそうだが。
携帯灰皿に吸い殻を押しつけ、農場を走り回るガキを尻目に、ゲートを潜る


66 : ◆WVtRJmfCVI :05/03/18 20:30:13 ID:HHWorTO2
「また、来てくださいね」
入り口にいた女性にそう言われたが、もうこの村には帰ることはないだろう
気候は穏やか、日も出ていて暖かい。ここら辺は恵まれているみたいだ
さっきは気が付かなかったが、塔も見える
とりあえず、世界地図みたいな物があれば便利なんだろうが、残念なことに持ち金が無い
辺りを見回していると、死角から音がする
カサッ。カサカサ
・・・・誰だよ。でも、この動き方は人間らしくない
これが魔物って奴か?
ガサッ。
「誰だっ!」
音がする方向に向き直るが、何も居ない


67 : ◆WVtRJmfCVI :05/03/18 20:31:43 ID:HHWorTO2
「・・・・気のせい、か?」
そして、目線をずらした瞬間、鳩尾に深い痛みが走った
「おっふ・・・・」
紫と白のストライプの。猫?みたいな魔物が、俺の腹に突き刺さっている。気が付いたときには、一メートルくらい弾き飛ばされ、腰から勢い良く落ちた
「クソッ。なんだアイツ!」
落ちた目線を上に上げると、興奮している魔物がかなりの勢いで突き進んでくる
「うおっ!?」
体を転がし体当たりを回避する、くさむらまで退避するも、まだこっちを狙っている
「ギャア!」
奇声を張らせ、三度突撃してきた、冗談じゃない、さっきは必死だったから感じなかったが、まだ腹部が割れる思いだ
次ぎ食らったらやられる。そう思った俺はとっさに体を起こして、右足を振りかぶる
猪突猛進。体格の大きな相手にも怯まない敵。俺だってビビッている場合じゃない
腹部に向けて跳ね上がる魔物に向かって、俺は足を振り上げた。


68 : ◆WVtRJmfCVI :05/03/18 20:32:51 ID:HHWorTO2
ズン。鈍い音と共に、魔物が地を転がる。よし、効いているみたいだ
断末魔を響かせ、悶えながら絶命する魔物。うまく急所に入ったのかもしれない
魔物の死体は光となって消えた、跡にはキラキラ光る何かが
拾うと、それは金貨のようだった。20G。多いのか少ないのか。有り難く頂いておこう
路地に腰掛ける。ありえない何かとの戦いに、体は疲弊していた
節約しようと誓ったのにもかかわらず、早くも二本目のタバコに走ってしまう
思い返せばこの一時間。どれだけの体験を俺はしたのか、目が覚めてみれば知らない土地、外に出れば見たこともない野蛮なモンスターに襲われ、そしてそいつを退治した
奇妙なものだ。そして、体を起こそうとしたその時、頭にぬるりとした感触が走る
ねぷん。
俺の頭が青色の液体に包まれた。急すぎる視界の変化に、俺は一瞬でパニックに陥る
「・!?、。!?」
息ができない。いきができない。いきができない。
首が絞まる。首がしまる。くびがしまる。
引き剥がそうにも剥がれない、掴めない。
死ぬ。そう頭が冷えた瞬間。俺の手が勝手に動いた
ジッポーライターに手がのび、それが俺の頭を覆っている液体に着火された
ジュアッ。小さく振動したかと思うと、頭からそれは滑り落ちた
・・・・スライムだ。俺は知っている、頭から落ちたそのモンスターを。それと同時に、俺はすべてを理解した。そうか。この世界は・・・・ドラクエの世界か
光になっていくスライムを凝視しながら、俺は握り締めていたゴールドを地面に落とした

69 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/18 22:18:22 ID:z8InqiTD
ライターで一撃かよw

70 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/18 23:53:18 ID:fm/Sw29x
メラだと思えば

71 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 00:10:59 ID:aLZFd9FK
>>68
(・∀・)bグッジョブ!
オモシロイヨ!

72 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 02:59:19 ID:xEnKWd7e
ライターが手放せないなw

もしオイルが切れたりなんかしたら・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

73 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 07:40:34 ID:jGY+AKJl
火花は半永久的に出せるから燃料に代わるものを作れば大丈夫…たぶん。

っつーか俺と同じIP(?)のやつが今この板にいる…
いきなり連続投稿(3回目)ですか? とか言われた

74 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 08:24:59 ID:aLZFd9FK
>>73
同じIPなんてありえるの?
そしたらIDも同じ?

75 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 14:30:35 ID:+SdqzNam
朝起きると、体中に痛みを感じて目覚めた
どうやらベッドから落ちてそのせいで目覚めたようだ。
・・・?俺の寝床はベッドじゃないぞ、布団だ
酔った訳でもなく、普通に風呂入って寝た筈だ
周りを見ても、4畳半の部屋じゃない
簡素な木で出来た家のようだ
ボーッと周囲を見ていると、ふと急に左上の方に、白い枠で出来た板?みたいな物が出てきた
HP12 MP3 Lv1 確かにそう書いてあった

訳の分からぬまま、家を出てみると、どうやら町のようだ
町人は居るのは居るのだが、広さの割には少ない
そこで、一人の男にここが何処なのか聞いてみた
「ここは、トラペッタだよ」
???何処だ?周りを見ても、日本のような感じではない
俺は夢だと思い、逃げるように布団(ベッド)の中に潜り込んだ


まどろみ始めた時LIVEALIVEに似てるな、と思った

76 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 14:54:10 ID:+SdqzNam
・・・目を開けると、おなじみの電灯が真っ先に目に飛込んでくるものの
今日は違った・・・いや、今日も違った
目に飛込んできたのは木で出来た茶色い屋根
もう元の世界に戻れないことを悟った俺は、気分を晴らすために、町の外に出た
青い空、眩しい太陽、白い雲・・・全てが見慣れた物だった
その時だった


ガサッ・・・
後ろの方で草が動く音がした
好奇心旺盛な俺は、そこに向かって調べてみた
何も無いじゃん。と、思って前に振り向いた瞬間!!

体に物凄い衝撃が走った
猫のような、妙な生物が腹に突進してきたのだった
何とか起き上がり、周りを見るとそいつは、もう一度突進するかのように
猛スピードでこちらに向かってきた!

77 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 16:24:20 ID:AIqJD5s9
>>74
いや、IPがどうかは知らない(だから?をつけた)
PCに詳しくなくてすまん。
とにかくここの鯖が俺と、もう一人の誰かが同一の
端末から書き込んだと誤認したっぽい。ってことを言いたかっただけ。
スレ違いスマソ

78 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 16:29:26 ID:PmvopQwV
良スレハケーン

79 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 19:26:46 ID:tVgP9vqH
目が覚めた・・・まだ眠い、しかし体を強引に起こす・・・
ん?確か俺は自分の部屋で寝ていたはずだが、見覚えのないベッド、見覚えのない部屋
昨日酒飲んだっけ?? 否、確かに昨日俺は自分の部屋で床に付いたはず
おそるおそる起き上がり辺りの様子をうかがってみる。人の気配はないようだ
部屋の中を色々あさってみると、薬草×2 力の種 5G ・・・ん?・・・ってこれドラクエじゃん!!
頭の中がパニックになる、昨日自分の部屋で眠りについて起きたらドラクエの世界でした?
ありえない!ありえないだろうどう考えたって・・・!
は! そうか、こいつは夢か何かだな。 どおりで見たこともない薬草や力の種を俺がわかったはずだ
そうなればこの世界堪能しない手はないな!とりあえず俺は外を探索することにした。


80 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 20:00:27 ID:tVgP9vqH
外に出ると人工は少ないがそれなりの町のようだ。
とりあえず近くにいたおばさんに話しかけてみる、「あらおはよう、今日は早いのね」
え?この人何で俺のこと知ってる風なんだ?? 他の村人と話をしても同じように知り合いじみた話し方をされる
なるほど、どうやら俺はこの町の住人のようだ。
とりあえず町の中のタルやタンス、壷といったもの全て破壊して回ろう、これはこの世界でいっちゃお決まりみたいなものだ。

薬草×3 どくけしそう せいすい こんぼう 旅人の服 布の服 150G 力の種 守りの種 命の木の実 すばやさの種×2 etc・・・

・・・ふう結構あったな、とりあえず見つけた装備品は装備してみるか。
ぬのの服を着てみる、なにやらぺらぺらでおっさんが着てるシャツみたいだ
やっぱり旅人の服だな、俺は旅人の服とこんぼうを装備してみた、でもまてよ、俺ってステータスってあるのか???
そもそもどうやってみるんだ、そのとき自分の頭の中にステータスが現れた

LV1 HP8 MP0 攻撃力7 守備力5 所持金155G 肩書き???

ほうほう、どうやら頭の中でステータスを想像すると現れるしくみらしい
ん?肩書きってなんのことだろ、よく勇者とか魔法使いって表示されてるあれかな?
それにしても「???」ってなんだよ、ちょっとがっかりだな。

81 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 20:00:57 ID:tVgP9vqH
町の中を探索して荷物がいっぱいになった俺は一旦自宅へ帰ることにした、「ふくろ」って機能ないのかよ
タンスには布の服、種とかは壷にでもいれておけばいいか

ある程度道具の整理を終えた俺は一息入れようと立ち上がり後ろを振り返ったその時
無言で若者が俺の真後ろに立ってた、俺はあと少しで声をあげるところだった
「なな、なんだあんたは!?」俺の問いかけに一切答えることなく部屋の中をあさる若者
そして、俺が苦労して集めに集めた町中のアイテムを見つけふくろの中に入れていく
「待て!こら!何やってんだテメ!」すると若者は迷うことなく腰に下げていた青銅の剣で俺に斬りかかってきた
え?まてよ・・・こいつひょっとして・・・勇者様か?w
何で勇者様が村人を襲うんだよ! いや、俺がおそいかかったから勇者様が戦闘モードになってしまったのかw
いうまでもなく俺はその後の一太刀で肩から脇腹にかけてを斜めにズバッといかれその場に倒れた。
うぅ・・・こんなことが許されていいのだろうか、勇者なら何やってもいいのかよ・・・
痛い・・・俺は死ぬのか・・・
俺が最後に見たのは俺が必死こいて集めた町中のアイテムを嬉しそうに持ち去る勇者様だった・・・

82 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 20:21:02 ID:tVgP9vqH
ぅ・・・
目が覚めるとそこは教会だった 「なるほどな・・・」
俺は生きているようだがさきほど勇者に切られた傷がひどく痛む、頭痛も酷い 頭がくらくらする
歩くのが精一杯、ステータスを見てみる

HP1 MP0 攻撃力7 防御力5 所持金77G 肩書き ???

 あぁ、HP1だよ・・・しかも金半分・・・
自分が今までさも当然かのようにしてきた人の家のものをあさるという行動に対する罪悪感が沸いてきた
それと同時に勇者に対しての怒りもふつふつを沸いてきた
「あの野郎今までは無敵の存在だったかもしれないが、俺を敵に回したことを後悔させてやる」
でも、今はとりあえず自宅に帰って休養しなければ、意識が飛んでしまいそうだ。
家に帰った俺は泥のように眠りに付いた・・・

83 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 20:59:15 ID:EsYh55rP
種、食えよ。弱いんだからw

84 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/19 21:08:07 ID:mnSKBupQ
勇者様でない一般市民も個々の家庭をあされるのかw

85 :76 :05/03/20 00:14:57 ID:0YA0MhnB
げっ・・・ヤバイ・・・
と、このピンチに使えそうな尖った木の棒を見つける
すかさずそいつに木の棒を向けて構える
自分の想像通りに止まれず、避けれずに頭から深々と木の棒に突き刺さる
・・・車は急に止まれませんな
そいつは、奇声を挙げてしばらく痙攣したが、そのうち動かなくなった
経験値が少し上がったような気がした

イテテテテ・・・
骨をやられたのか知らんが、腹に刺さるような激痛が走る
見たくはないが、恐る恐る腹を見ると気持ち悪いくらいに腫上がっていた
どうしようかと、悩んでいると左上に先程の表示が現れた
HP4・・・さっきは12だったっけ・・・
参ったね・・・8も減ってるわ・・・


86 :76 :05/03/20 00:20:18 ID:0YA0MhnB
・・・?待てよ?今みたいな表示、何処かで見たような・・・?
ゲーマーな俺には、その答えがすぐに見つかった
そうだ、ドラクエだ!
信じ難いが、何故かドラクエの世界に入り込んでしまったみたいだ
世界の状況が少し把握できて、気持ちに余裕が出来たから
俺は少し興奮を抑えて、こう言った
「ホイミ!!」
すると、手の平から青白い光が出てきて俺を包み込んだ
そして、今までの怪我が嘘だったかのように痛みが引いていた
・・・マジかよ。マジでドラクエですか・・・
興奮と困惑が入り交じった俺はそのまま、家(例の木の家)に行き
そのまま眠りに就いた

87 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/20 15:19:51 ID:OVryOrqG
トリップを付けてくれ。

88 :76南無 ◆nnvolY11AA :05/03/20 16:30:40 ID:0YA0MhnB
朝起きて俺はまず、手持ちの金でひのきのぼうと皮の盾を買った
その買い物をしている時に事件は起こった
「魔物が町に入ってたぞー!!」と村の男達が騒ぐ
村の女達は男達の方向へ行こうとする子供を抑えていた
好奇心旺盛な俺は、その騒ぎの元となっている門の側に行ってみた
するとそこには、身長がやたらと小さい緑色の魔物と白馬の馬車が一つあり、それを男達が囲んでいた
緑色の魔物は「魔物じゃないわい!!」等とブツブツ言っていたが誰もがそれに耳を傾けようとはしなかった
そうこうしてるうちに一人のおっさんと18歳くらいの男が近づいて男達と話している
・・・いや、厳密に言えばおっさんだけだが。もう一人の方はやたら無口だ
はい、いいえしか言わねえ・・人間とは思えない動作をしている


面倒だから俺はそのまま門から出ていった
気がつけば、もう日が傾いていた
さっきまで朝だったのに・・・おかしい

89 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/20 19:01:25 ID:0YA0MhnB
夜になり周りの雰囲気も変わっていった
さて、何処に行こうか・・・

ピチャッ・・・

ん?なんか降ってきた・・・雨か?
しかし、向こうには月も星も見える。アラ?
すると、すぐ後ろで荒い息遣いが聞えてきた
さっと振り向くと肌色の壁・・・・?
肌色の壁の周りは緑色で、触ってみればザラザラしている・・・何だこれは?
ふと上を見上げると、巨大な斧を持ったでかいトカゲが、俺を見下ろしていた!!

90 :名前が無い@ただの名無しのようだ :05/03/20 23:50:16 ID:tDs0wyX2
ドランゴキタ━━━( ゚∀゚ )━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━( ゚∀゚ )━━━!!!!

91 :76南無 ◆T0/S0g2Byc :2005/03/21(月) 14:01:26 ID:J9vNz99+
・・・ヤベェ・・・
殺される・・・
トカゲは「グルルルル・・・」と唸って、斧を振りかざしてきた!
しかし、大振りだったので避けるのは容易かった
・・・何とかなるやもしれん
しかし、当たれば間違いなく死ぬよな・・・
逃げた方が得策だと思った俺は、急いで逃げた
だが相手は巨漢の割に恐ろしいほど速かった

俺は、死を覚悟して相手と戦う事にした
すかさず振り返って、相手の腕を狙い殴り付けた
「ギャア!!」効いてるのか知らんが相手は怯んだ
しかし怯んだのも束の間、相手は一歩退いて様子をうかがってきた
攻撃してくる→避ける→殴るの繰り返しで何とかなるだろうな・・・
だから俺も相手の様子を伺ってきた
案の定相手から先に攻撃を仕掛けてきた!!
しかし、斬りかかって来たのではない
その瞬間俺は、炎に包まれて意識が遠ざかっていくのを感じた・・・

92 :76南無 ◆nnvolY11AA :2005/03/21(月) 14:05:03 ID:J9vNz99+
俺の設定
HP12 
MP3 
Lv1

習得呪文
ホイミ

Eひのきのぼう
E皮の盾
E私服

50G

って設定
少々マンネリ気味な予感でヤバ気味・・・

93 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2005/03/21(月) 14:36:29 ID:gyoDvsqB
 朝、目が覚めたらなぜか立っていた。
 俺の目の前には見慣れぬ服装の見たこともないヒゲの男。
「お早うございます。では、行ってらっしゃいませ」
 誰だこいつ? ……ここはどこだ?
 キョロキョロと周囲を見回すと外国っぽい建物の中にいた。

 落ち着け、俺。まずは状況整理だぞ、俺。
 昨日寝ぼけて海外旅行に出た――ありえない。
 寝ぼけて他人の家に――これもありえない。
 昨日、外に出たのは午前中にタバコを買いに行っただけであとは1日中2chという不毛な1日を過ごした。
 ゲームをやめてベッドに入ったのが11時過ぎ。
 明日は無職には関係ない振替休日だ、なんてことを考えてるうちに眠ったはずだ。

 差し当たって考えられるのは夢。
 うん、これだ。
 夢を夢として意識できる時もあるらしいから、きっとそれだ。
 なんでこんな簡単なことに気付かなかったんだろう。
 夢の中だってのに俺はかなりアホだな。もっといい夢見ろよ、俺。
 こういう場合の常套手段――頬をつねる。
 …………痛い。
 頬を叩いてみる。
 ……痛い。
 勢い良く頬を叩く。
 痛い。


 夢じゃない!!



94 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2005/03/21(月) 14:37:39 ID:gyoDvsqB
 真っ先に浮かんだ言葉が『拉致』だった。
 何で俺が拉致られたんだ?
 北朝鮮?
 イラク?
 韓国?
 色々な国の名が浮かんでは消える。
 頭の中ではパニックになりながらもこの建物の主人らしきヒゲの男に話しかけてみる。
「すんません、ここ、どこですか?」
「今日は。旅人の宿屋にようこそ」

「い、いえ、あの……そうでなくて……」
 英語の勉強をしておけばよかった。『ここはどこですか?』すらも聞けないじゃないか。
「んーと、ホワット、イズ、ディス?」
 日本に帰ったらNOVAに行くことを固く決意しながら、中学生未満の英語で聞いてみる。
「今日は。旅人の宿屋にようこそ」
 くそ、通じない。こいつに使えない日本語教えたの誰だ?
 自分の学力不足を棚に上げ、怒っても仕方ない。日本語がわかる奴を探そう。
 はあ……とヒゲの男に気付かれぬように溜息をつきながら、
「いや、ノーサンキュー」
 と礼を言った――はずなんだが。
「では、ごゆっくりお休み下さい」

 なんだと?

 ヒゲに文句を言う前に視界が真っ暗になった――


95 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2005/03/22(火) 19:29:06 ID:7tI3jCJ3
良スレage
期待してます

96 :物質 :2005/03/22(火) 21:12:53 ID:lyh5vRs9
すみません、携帯からですが質問させてください。
昨夜、自宅のPCで2chに繋いでいて、ゼシカタンのエロ画像で一発抜いて
疲れたので電源つけたまま寝ちゃったんです
それで、今朝起きてみたら、なんかドラクエの宿屋みたいな所にいたんです
何故僕はこんな所にいるんでしょうか?某国に拉致されましたか?
どうすれば帰れますか。ちなみにネタじゃないです。
OSはXPです

97 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2005/03/22(火) 21:21:53 ID:TLA816e4
とりあえずレベル上げたら?

98 :物質 :2005/03/22(火) 21:32:41 ID:lyh5vRs9
さっき、受付の人に「ゆうべはお楽しみでしたね」って言われました
多分PCの画面を見られたんだと思います(画像を表示したままでした)
マジで恥ずかしいです・・・早くしないと親にも画面を覗かれてしまいます
とりあえず町の中を探索してみようと思います。

>>97
無理です。携帯の画面にステータスが出るんですが、最大HPが3です。
ちなみに力は2ですが、賢さが25ありました!!!11!!
でもMPが0だし呪文も特技もないので戦えません。

99 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2005/03/22(火) 21:47:15 ID:TLA816e4
HP3て、おまえさんどんな虚弱体質だよw
腹筋運動とかしたら、防御力とか上がるんじゃない?
たぶん。

100 :物質 :2005/03/22(火) 21:56:59 ID:lyh5vRs9
なんか見覚えがあると思ったら、ここはリーザス村っぽいです。
で、村の人に話を聞くと、自分はツッシブという名前でこの村の住人のようです
で、自分の家に行ったら知らないおばさんが居て
「あらツッシブ、今日はゼシカちゃんと会う日じゃないの?」だそうです。
とりあえずイベントを進めてみます。

>>99
やってみました。HPが1減りました・・
自分はニートなので体力には自信がないです。
樽や壺も持ち上げられません。(主人公は凄いなと思いました)

501KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

img0ch BBS 2005-07-01 PHP0ch